このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099732
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
97-D-12
事例作成日
(Creation date)
2012年01月13日登録日時
(Registration date)
2012年01月13日 10時57分更新日時
(Last update)
2012年08月30日 13時50分
質問
(Question)
仙貨居士について
回答
(Answer)
(1)【資料1】p724~727に、「泉貨居士」という項目がある。
 “兵頭太郎左衛門尉、諱は通正。始め京都の人で土居四郎勝正の七子、共に故あって、伊予鳥鹿野村鎌田城に居り、西園寺に仕えた。五男清兵衛の次男が通正である。(略)泉貨と号し、その庵を泉貨庵と云った。(略)強靭な紙の製法を発明した。(略)”
 p723の「泉貨居士の墓」という項目には墓の白黒写真がある。

(2)【資料2】p1311~1312の「泉貨居士頌功碑」には、肖像と碑の白黒写真と碑文の読み下し文が掲載されている。
 “我が国の昔から使用する紙として、丈夫であることで泉貨紙に及ぶものはない。これを作った人は、兵頭太郎右衛門尉道正であり、土居清兵衛尉の第2子である。(略)”
 p1346~1357には泉貨紙の簡単な説明と、明治大正時代の泉貨紙の製造法を昭和47年に河野健一が記録した「泉貨紙考」が掲載されている。

(3)【資料3】p376には、「兵頭太郎右衛門 ひょうどう たろえもん」の項目がある。
 “生年不詳~慶長二年(?~一五九七)戦国末期の武士・泉貨紙の発明者。諱〔いみな〕は道正、出家して泉貨と号した。(略)従来の和紙を重ね漉きし、泉貨紙を作りだした。(略)”

(4)【資料4】p512には、「兵頭太郎右衛門 ひょうどう たろうえもん」の項目がある。
 “生年不詳~慶長二年(~1597)泉貨紙の創始者、泉貨居士と号す。(略)墓も頌功碑も野村町の安楽寺にあり、墓は県指定の史跡である。文化8年の肖像画もある。”
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
パルプ.製紙工業  (585 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『野村郷土誌』 野村郷土誌編さん委員会/編集 愛媛県東宇和郡野村町中央公民館 1964年 <請求記号:K294.5 /3>
【資料2】 『野村町誌』 野村町誌編纂委員会/編集 野村町 1989年 <請求記号:K294.5 /31>
【資料3】『愛媛県百科大事典 下 (す~わ)』 愛媛新聞社愛媛県百科大事典編集委員室/編集 愛媛新聞社 1985年 <請求記号:R /K290 /63 /2>
【資料4】『愛媛県史 人物』 愛媛県史編さん委員会/編 愛媛県 1989年 <請求記号:K200 /31>
キーワード
(Keywords)
仙貨居士 せんかこじ
仙貨紙 せんかし
兵頭太郎右衛門 ひょうどう,たろうえもん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
事例出典『郷土資料に関する調査・相談事例集』 愛媛県図書館協会・愛媛県立図書館/編集 愛媛県立図書館 1997年
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000099732解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!