このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0070
事例作成日
(Creation date)
2014/10/01登録日時
(Registration date)
2014年11月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年11月28日 00時30分
質問
(Question)
明治6年(1873)の滋賀県官員8等から15等までの職名と月給を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県沿革誌』の明治6年8月の部分に「府縣判任官以下ノ月給ヲ改メ更ニ等外吏ヲ置カル」とあり、以下の職名と月給が表が掲載されています。
 8等-職名:大属   月給-上等70円、中等63円、下等57円  
 9等-職名:権大属 月給-上等50円、中等47円、下等44円  
10等-職名:中属   月給-上等40円、中等37円、下等34円  
11等-職名:権中属 月給-上30円、下28円 
12等-職名:少属   月給-上25円、下23円 
13等-職名:権少属 月給-上20円、下18円 
14等-職名:史生   月給-上15円、下13円
15等-職名:県掌   月給-上12円、下10円

なお、この職名と月給は、同年8月4日の明治6年太政官第285号布告「府県官中正権典事ヲ廃シ判任官官制改正」と、明治6年太政官第287号布告「府県判任官以下月給改定」に基づくもので、全国で施行されました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀縣沿革誌 滋賀縣∥編 滋賀縣 1911年 S-3100- 11 p16

2 近代日本地方自治立法資料集成 1 明治前期編 山中永之佑∥[ほか]編集 弘文堂 1991年 2-3180-1 p.163-164

3 法令全書 [復刻版] 第6巻第1号 原書房 P p.442-443
キーワード
(Keywords)
滋賀県行政
官員
月給
判任官
奏任官
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000163713解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!