このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr296
事例作成日
(Creation date)
2013年06月20日登録日時
(Registration date)
2014年03月08日 11時54分更新日時
(Last update)
2014年03月08日 11時55分
質問
(Question)
栃木県の観光行政について、戦後の計画や方針等を経年的に知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料から、お尋ねの観光行政について確認できました。

・『栃木県観光基本方針 魅力ある観光地づくりをめざして』(栃木県/編 栃木県 1983)
・『観光とちぎ振興計画マロニエプラン21』(栃木県/編 栃木県 1991)
 平成3年に策定された「とちぎ新時代創造計画二期計画」を踏まえて策定された計画です。
・『観光とちぎ振興計画マロニエプラン21 Ⅱ期計画』(栃木県/編 栃木県 1996)
 社会経済状況の変化や、90年代観光振興行動計画の提言を踏まえて策定された計画です。
・『新とちぎ観光プラン』(栃木県産業労働観光部観光交流課/〔編〕 栃木県 2011)
 平成23年度から27年度までの5ヵ年計画です。

・『栃木県観光協会70年のあゆみ』(社団法人栃木県観光協会/編 栃木県観光協会 2001)
p39-51に、手嶋潤一/著「日光国立公園誕生前後の観光行政-大正初期から終戦直後まで-」という論文が掲載されています。この中で、昭和23年にまとめられた「栃木県観光総合計画」についての言及がありますが、残念ながら当館には所蔵がありません。

・『栃木県産業労働観光部事業概要』(栃木県産業労働観光部産業政策課/編、発行 年刊 平成22~24年度)
・『栃木県商工労働観光部事業概要』(栃木県商工労働観光部/編、発行 年刊 平成8年度~19年度所蔵、11、12年度欠号)
  ※誌名変更がありましたが、内容は同じものです。
施策・計画ではありませんが、「課別施策の事業概要」で、「観光交流課」の各年度の事業概要が確認できます。

その他、栃木県が策定する県の総合計画にも観光の項目があり、簡単な方針を確認できます。以下にいくつかご紹介します。
・『栃木県超長期ビジョン』(栃木県/編 栃木県 1983)
  p114-115「個性と歴史を生かした魅力ある観光産業の振興」
・『とちぎ新時代創造計画三期計画 のこしたいもの 創りたいもの』(栃木県/編 栃木県 1996)
  p188「観光・リゾートの振興のために」
・『とちぎ21世紀プラン 栃木県総合計画 2001~2005』(栃木県/編 栃木県 2001)
  p113-144「魅力ある“観光とちぎ”をつくる」
・『とちぎ元気プラン 栃木県総合計画 2006~2010』(栃木県/編 栃木県 2006)
  p126-127「魅力ある“観光とちぎ”づくり」
・『新とちぎ元気プラン 栃木県重点戦略 2011~2015』(栃木県/編 栃木県 2011)
  p66-67「観光立県とちぎづくりプロジェクト」
・『観光とちぎ振興計画 マロニエプラン21』 (栃木県/編 栃木県 1991)
  p29-40「観光とちぎづくりの基本方向と基本施策」 
・『観光とちぎ振興計画 マロニエプラン21 Ⅱ期計画』 (栃木県/編 栃木県 1996)
  p23-41「観光振興施策の基本的方向」 
・『栃木県観光基本方針』 (栃木県/編 栃木県 1983) 
  p58-60「方針具現化の方策」
・『栃木県超長期ビジョン』(栃木県/編 栃木県 1983)
  p114-115「観光産業の振興」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
観光事業  (689 9版)
地理.地誌.紀行  (290 9版)
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
観光
施策
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000150392解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!