このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2180
事例作成日
(Creation date)
2012/08/30登録日時
(Registration date)
2012年12月21日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月21日 02時00分
質問
(Question)
起訴状の起訴事実や供述調書の英語訳を作成するための資料を探しています。
現在は、『法廷通訳ハンドブック 実践編〈英語〉』(最高裁判所事務総局刑事局/監修 
法曹会)を参考にしています。
回答
(Answer)
次の資料等をご紹介します。

1 図書
 (1) 『法律用語対訳集 英語編』
    法務省刑事局外国法令研究会/編 商事法務研究会 1995
   刑事事件において使用される法律用語を中心に、約4000語を収録しています。
   
 (2) 『司法通訳』渡辺修/著, 長尾ひろみ/著, 水野真木子/著 松柏社 2004
   
 (3) 『法律英語用語辞典』第3版 尾崎哲夫/著 自由国民社 2009
   法律用語を約15000項目収録しています。
 
 (4) 『法律英語の用法・用語』長谷川俊明/著 レクシスネクシス・ジャパン 2006
 
 (5) 『法律英語文章読本』マーサ・フォーク/著 アービンM.メーラー/著
    仲谷栄一郎/訳 高取芳宏/訳 プロスパー企画 2003

 (6) 『実践司法通訳』渡辺修/著,水野真木子/著, 中村幸子/著 現代人文社 2010
    裁判員裁判において、被告人に英語通訳が必要なケースを取り上げています。 

2 インターネット
 (1) 日本法令外国語訳データベースシステム
    http://www.japaneselawtranslation.go.jp/
    法令検索、辞書検索、文章検索が可能です。文脈検索では、法令文中で用語や
    その訳語が用いられている文脈を検索できます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法律  (320 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000116145解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!