このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028802
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2006-05
事例作成日
(Creation date)
2006年05月01日登録日時
(Registration date)
2006年06月08日 14時28分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時03分
質問
(Question)
江戸時代、各大名家の菩提寺は、それぞれ江戸と国元のどちらにあったのか?
回答
(Answer)
 江戸時代の大名は、いくつかの例外を除き、参勤交代のために江戸と国元を往来しました。『藩史大事典』からも、江戸と国元の両方に菩提寺を構える例が多くみられます。
 葬地について『探訪・江戸大名旗本の墓』では、「(大名の)多くは生国や国元の菩提寺に葬られた。しかし、江戸で死去した場合、江戸に寺を求めて菩提寺としたものも少なくなかった。とくに正室と子女たちは江戸を離れず江戸で死去する場合がほとんどなので、多くは江戸で葬られた。」とあります。また『江戸武家地の研究』収録の19世紀初頭の史料を元にした論考では、江戸初期には一部「高野山や京都の寺」を葬地とする例があるほか、17世紀半ば以降は、「葬地を国元に限る家は少な」く、「当主が没した地に葬るのが一般的であった」としています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (281)
参考資料
(Reference materials)
・『探訪・江戸大名旗本の墓』河原芳嗣著 毎日新聞社 1993年(2810/169/93)
・『江戸武家地の研究』岩淵令治著 塙書房 2004年(2105/1168/004)
・『藩史大事典 第1~8巻』雄山閣出版 1988~90年(2105/19/1~8)
・『江戸大名墓総覧』秋本茂陽著 金融界 1998年(2810/L267/98)
キーワード
(Keywords)
菩提寺
墓地
大名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000028802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!