このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023665
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2005-08
事例作成日
(Creation date)
2005年08月01日登録日時
(Registration date)
2005年08月25日 10時03分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時00分
質問
(Question)
「お江戸日本橋七ツ立ち」の「七ツ」は現在の何時か。
回答
(Answer)
 【資料1】『東海道五十三次ハンドブック』【資料2】『今昔東海道独案内』では「午前四時頃」と説明されています。
 ただし、江戸時代は現代とは時刻制度が大きく異なります。江戸時代の時刻制度では「日の出と日の入りを境に昼夜を区別し、それぞれを六等分」(【資料3】『江戸時代館』)しました。これを不定時法と言いますが、「時刻の区分が季節によって変化する」(【資料4】『目からウロコの江戸時代』)のです。つまり、歌詞中の「七ツ」は「明け六ツ」より早く、夜明け前という事に変わりありませんが、現在の何時かという答えは、厳密には季節によって違うということになるでしょう。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『東海道五十三次ハンドブック』森川昭 三省堂 1997年 2913/34/97 p.5
【資料2】『今昔東海道独案内』今井金吾 日本交通公社 1994年 2915/16/94 p.22
【資料3】『江戸時代館』竹内誠監修 小学館 2003年 2105/1128/003-S0 p.320
【資料4】『目からウロコの江戸時代』武田櫂太郎 PHP研究所 2003年 2105/1132/003 p.35
【資料5】『暦 日本史小百科』広瀬秀 近藤出版社 1990年 2100/59/5
【資料6】『大江戸生活体験事情』石川英輔・田中優子 講談社 1999年 2105/1017/99
【資料7】『江戸の時刻と時の鐘』浦井祥子 岩田書院 2002年 4491/1/002
【資料8】『暦と時の事典』内田正男 雄山閣 1986年 4490/5/86
【資料9】『暦の百科事典』暦の会編 本の友社 1999年 4490/7/99
キーワード
(Keywords)
時刻
お江戸日本橋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
社団法人日本時計協会( http://www.jcwa.or.jp/ )(2014/4/1確認)
国立天文台( http://www.nao.ac.jp/index.html )(2014/4/1確認)
(類似事例)新潟県立図書館「江戸時代の時刻制度について教えて欲しい」 https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000025881
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000023665解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!