このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000734
事例作成日
(Creation date)
2019/2/28登録日時
(Registration date)
2019年03月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年07月15日 00時30分
質問
(Question)
【電気の通った時期について】  金沢市の大河端に電気が通るようになったのはいつか。
回答
(Answer)
資料上で明確な開始時期は確認できず。
以下の資料に明治末~大正初頭の金沢市内の電気事業に関する一般的な記述がある。
『金沢市史 現代篇 上』(119562670)p.316~322
『金沢市発電六十年史』(11911030)p.1~11
『北陸地方電気事業百年史』(119627882)p.21~30

『金沢市営電気瓦斯事業の沿革』(11902450)附表p.1に昭和4年3月1日現在の金沢市及びその周辺区域の電灯電力区域の記載がある。
『金沢市統計書』には、電灯には戸数・灯数・点火料、電力には戸数・馬力・電力量の統計項目があるので、各年における市域全体の戸数については確認できる。
なお、『角川日本地名大辞典 17 石川県』(118552562)p.1337の市町村沿革表によると、大河端の属する潟津村は昭和10年12月16日に金沢市に編入されている。
『金沢市営電気瓦斯事業の沿革 補遺』は当館に所蔵なし(石川県立図書館に所蔵がある)。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000253374解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!