このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000174651
提供館
(Library)
釧路市中央図書館 (2310212)管理番号
(Control number)
M0145
事例作成日
(Creation date)
2011年07月21日登録日時
(Registration date)
2015年05月17日 15時54分更新日時
(Last update)
2015年07月07日 19時00分
質問
(Question)
新川橋の橋名プレートがはがれていて橋がいつかけられたものかわからない。橋がいつかけられたものか知りたい。現在の橋は架け替えられたものかどうか、架け替えられたものであればいつ架け替えられたのか知りたい。
回答
(Answer)
釧路の橋に関する資料を集めたファイル『釧路の橋』の中から、1965(昭和40)年6月3日付の北海道新聞に掲載された連載「流れとともに」第3回が新川橋の記事となっている。この記事によると建設は1954(昭和29)年。記事が執筆された1965年まで架け替えた様子はない。

ほかに橋関係の資料に掲載がなく、港湾・河岸に大きな被害をもたらした釧路沖地震の記録にあたった。『釧路沖地震記録書』(釧路市釧路沖地震記録書作成委員会,北海道開発コンサルタント/編.釧路市.1993)p.179「新川橋は昭和29年の建設で昭和63年に桁補強工事等を行っているが・・・」とあり、次ページで応急処置を施したと記載がある。

1988年以降の記録を『北海道新聞データベース』で検索語を“新川橋”、検索期間を「全期間」として検索した。1994年11月2日道東版24面に「7日から通行止め*新川橋」の見出しでロードヒーティング埋設工事が行われたことが分かった。データベースの記事検索では現在に至るまで架け替え工事の記事はヒットせず、橋の架け替えが行われる場合は新聞記事になる場合が多いことから、架け替えはなかったと推測できる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
橋梁工学  (515)
参考資料
(Reference materials)
釧路の橋 ファイル (K515/K 資料コード:214232248)
釧路市釧路沖地震記録書作成委員会, 北海道開発コンサルタント編. 釧路沖地震記録書: 平成5年(1993). 釧路市, 1993, 377p (K453/K 資料コード:213173638)
北海道新聞データベース〈 https://t21.nikkei.co.jp/g3/p01/LCMN0F11.do/doshin/
キーワード
(Keywords)
新川橋
架け替え
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000174651解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!