このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184339
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻314
事例作成日
(Creation date)
2015年6月9日登録日時
(Registration date)
2015年11月23日 15時53分更新日時
(Last update)
2015年12月08日 13時25分
質問
(Question)
天保5年(1834年)に奈良井宿がどこの領地で、治めていたのは誰だったか。
飛騨の代官が奈良井宿経由で長野に入ったとの記録があるが、大名が泊まった、または泊まりそうな宿のことを知りたい。
回答
(Answer)
木曽全体を治めていたのは、1600年(慶長5年)より山村氏。尾張藩。
天保5年ごろは山村良祺(やまむらたかのり)が代官。
宿泊先は、本陣で、亀子九郎右衛門が勤めていた。現在建物は残っておらず、跡のみ確認できる。


【資料1】p.13-24 弘治元年(1555)木曾の領主である木曾義昌から慶長五年(1600)に徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利し、その前哨戦である木曾の戦いで勝利をした際に活躍した山村氏(木曾氏の腹心)が代官を命じられ、そののち元和元年(1615)の大阪夏の陣ののちに、尾張徳川氏(尾張藩)の所領に編入された旨の記述がある。
p.817山村家略系図あり また、「山村良祺執政期の天保期は・・・」の記述あり。
p.754-755天保期における山村家の諸政策のなかで、天保15年の「天保の難」にて当主の山村良祺が処罰を受けたと記述あり。
p.723山村良祺(たかのり)の読み仮名あり。

p.117-118 「江戸時代以前の奈良井宿」16世紀中ごろには宿場町としてまとまっていた。重鎮が宿泊したとの記載もあり。
p.677-680 「19世紀以降の木曾路交通の増加について」表91の大通行の助郷・木曾寄人馬提供一覧に主通行した大名の氏名記載あり。天保2年に有君、3年紀伊の記述あるが、天保5年は記載なし。

【資料2】p.102「第二節史料にみる町家」1.本陣の記述あり
「本陣は大名等を泊める格式の高い旅籠屋・民家とは異なっていた。奈良井宿において、本陣は宿の中央部に屋敷を構え、主屋は街道に直接面さず、そこから引き込んだところに建っていた。この点は寺院と同様である。奈良井宿の本陣は亀子九郎右衛門が勤めていた。」 本陣跡の白黒の写真あり。

【資料3】p.3「奈良井の宿組織」参勤交代の大名、江戸下向の勅使、皇室上使、日光例幣使、巡視のための老中・奉行、お茶壺道中などの高貴な方の宿所として本陣が設けられた記述あり。

【資料4】p.13 「みなさんのおたよりを紹介します」のコーナーで、奈良井宿の町並みについての市外の方からの質問「本陣は現存していないのでしょうか」の問い合わせへの回答として、「奈良井宿では、宿場の中央、中町の旧奈良井公民館があった所が本陣でしたが、現在ではその建物は残っていません。「本陣跡」の標柱が、街道から少し入った小路横に建てられています。」と記載があります。(社会教育課より)


(補足)
後の調査にて
【資料1】p.622-627 「奈良井宿の宿・村役人の変遷」の中で、18世紀中ごろまでの奈良井の宿・村役人は庄屋二人・年寄二人・問屋二人でつとめており、本陣は亀子九郎右衛門である旨の記述あり(第三章天保期の社会と住民の政治改革要求)
回答プロセス
(Answering process)
①郷土の質問なので、まず、木曾・楢川村誌を確認した。

②自館の蔵書検索システムより、キーワードに「奈良井」で郷土資料に絞って検索し、資料1、資料2がヒットした。

③国立国会図書館によるWARP(インターネット資料保存事業)のページより、キーワード「奈良井」「本陣」で検索したところ、以下がヒットしたため、当館で保存している現物を確認した。(資料4)
http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9283762/www.city.shiojiri.nagano.jp/smph/gyosei/koho/koho_text/h24/240901/240901_05.html (2015.12.7最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
飛騨地方の文献は確認した。
NDC
中部地方  (215 9版)
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】楢川村誌編纂委員会 編 , 楢川村 (長野県). 木曽・楢川村誌 第3巻. 楢川村, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002718973-00
【資料2】木曽奈良井 : 町並調査報告. 長野県木曽郡楢川村, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I067182779-00
【資料3】奈良国立文化財研究所 , 奈良国立文化財研究所. 木曽奈良井宿町並 : 昭和49年度調査概要. 長野県木曽郡楢川村, 1975.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I049776770-00
【資料4】広報しおじり 2012.9/1号 塩尻市
キーワード
(Keywords)
奈良井宿
飛騨
代官
本陣
山村良祺(やまむらたかのり)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184339解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!