このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000182486
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻301
事例作成日
(Creation date)
2015年5月19日登録日時
(Registration date)
2015年10月17日 17時58分更新日時
(Last update)
2015年11月14日 18時58分
質問
(Question)
長野県においては、地名の「西条」を「ニシジョウ」と読むのはなぜか。
他の地域では「サイジョウ」と読むのが一般的なようである。
(新潟県には「タカダニシジョウ」という地名があるがそこと関係があるのか。もしくは、人の姓と関係があるのか。
回答
(Answer)
「西条」の地名の由来についてはいくつかの本に記述があったが、なぜそのように読むか、理由が分かるものは見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
まず長野県の地名辞典を確認した。

【資料1】p856-858に長野県内各地の「西条」について記述があり、塩尻市の「西条」については田川を境に西側は塩尻郷西条と称したとあるが、質問事項については分からなかった。

【資料2】p638より「塩尻市」の項目あり。p641に塩尻郷東条(ヒガシジョウ)・西条について記述があるが、なぜそのように読むかについては説明なし。

地名辞典には記述がないため、市誌を確認すると、【資料3】p299に「西条」の地名の由来について記述があった。
これによると、この地域(塩尻郷)が平安時代に諏訪神社領に寄進されたとき、田川の北を東条、西を西条というようになったとのことで、建久2(1191)年2月21日の諏訪大社下社文書に出てくるのが初めての記録とのこと。

また【資料4】p352に西条城の城主について記述があったが、やはり質問事項については分からなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
中部地方  (215 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 20 (長野県). 角川書店, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002055045-00 , ISBN 4040012003
【資料2】日本歴史地名大系 第20巻 (長野県の地名). 平凡社, 1979.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001461869-00
【資料3】塩尻市誌編纂委員会 編 , 塩尻市. 塩尻市誌 別冊 (塩尻市の年表・集落の歴史・索引). 塩尻市, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002428084-00
【資料4】塩尻市誌編纂委員会 編 , 塩尻市. 塩尻市誌 第2巻(歴史). 塩尻市, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002404071-00
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000182486解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!