このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112168
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央1950
事例作成日
(Creation date)
2012/02/02登録日時
(Registration date)
2012年10月05日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年12月21日 11時15分
質問
(Question)
次の事項が掲載されている「コミュニティサイクル社会実験」に関する資料を探しています。
社会実験の実施主体については、自治体・民間は問いません。
 ・全国の事例における事業内容、収支の概要
 ・海外の事例における事業内容、収支、事業規模等
回答
(Answer)
1 コミュニティサイクルについて詳細な資料
 (1)『コミュニティサイクル』都市型コミュニティサイクル研究会/編 化学工業日報社 2010年
  パリ市のヴェリブをはじめ、ヨーロッパ、アジアのコミュニティサイクルの導入例のほか、
  国内では札幌市の社会実験の概要と報告が掲載されていますが、収支等の詳細な
  データはありませんでした。
 
  なお、札幌市の社会実験については、委託先である㈱ドーコンが作成した報告書(概要版)
  PDFが、インターネットで閲覧できます。
  ・「平成21年度環境省委託業務報告書(概要版)
    都市型コミュニティサイクル社会実験(その1)委託事業」
    http://www.env.go.jp/air/traffic_env/jp/doc/commu_cycle/h21/02.pdf

  この㈱ドーコンは、横浜市の社会実験にも参加しています。
  また、国の所管部署である、国土交通省国土交通省都市局街路交通施設課のページで、
  全国コミュニティサイクル担当者会議の社会実験参加自治体の概要PDF資料などをご覧い
  ただけます。
  「コミュニティサイクルの取組」の全国コミュニティ担当者会議の資料をご参考ください。
   http://www.mlit.go.jp/toshi/crd_gairo_tk_000015.html

 (2)「特集 コミュニティサイクルの社会実験について」
  (『都市と交通』(83), p.3-13, 2011年1月)
  日本交通計画協会のホームページでバックナンバーが公開されています。
   http://www.jtpa.or.jp/contents/h08.html
  通巻83号の本文は次のPDFでご覧いただけます。
   http://www.jtpa.or.jp/contents/pdf/toshi83.pdf
  名古屋、横浜、広島、北九州の事例や海外の事例について事業概要、
  利用実績や利用状況等が掲載されています。
  収支に関するデータは記載されていませんでした。

2 その他関連資料
  詳細な報告までは掲載されていません。

 (1)『成功する自転車まちづくり』古倉宗治/著 学芸出版社 2010年

 (2)「名古屋におけるコミュニティサイクルに対する取組--名チャリ社会実験を通じて
    (特集 自転車施策の推進」
   佐橋友裕( 『道路』(835), p.34-37, 2010年10月)

  名古屋市の名チャリの社会実験の報告書については、次のページでも公開されています。
  ・ 「名チャリ社会実験2010報告書」
    http://meichari.jp/houkokusyo.html
  ・2007年度、2008年度の報告書
    http://www.urban.env.nagoya-u.ac.jp/~seisaku/meichari/02-results.html#02

 (3)「コミュニティバイク隆盛の背景と我が国の課題」小林成基
  (『道路』 (812), p.12-16, 2008年11月)

 (4)「レポート・社会実験 新しい放置自転車対策の可能性の検討--
    地域に密着した都市型コミュニティサイクル・システム社会実験」
   仲俣 貞昭 (『道路』 (743), p.33-37, 2003年1月)

 (5)「欧州型コミュニティーサイクルは根付くか 東京都心など各地で実験近距離交通の
   可能性探る」(『日経グローカル』(133), p.40-43, 2009年10月5日)

 (6)「欧州のコミュニティバイク計画と公的事業の持続可能性について
   (特集 自転車通行空間の再構築に賭ける)」
   青木英明、望月真一、大森宣暁(『交通工学』43(2), p.55-64, 2008年)

 (7)「海外情報 欧州におけるコミュニティ・バイク計画 (特集 自転車の利用促進)」
   青木英明(『交通工学』40(5), p.63-70, 2005年)

 (8)『成功する自転車まちづくり』古倉宗治/著 学芸出版社 2010年

 (9)『ここが違う、ヨーロッパの交通政策』片野優/著 白水社 2011年
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸運.道路運輸  (685 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
再度調査した結果、「特集 コミュニティサイクルの社会実験について」(『都市と交通』(83), p.3-13,
2011年1月) の本文がインターネット上で閲覧できることがわかりましたので、事例を修正しました。
(データ更新日:2012年11月23日)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000112168解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!