このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000102885
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1662
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時03分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
石造小関越道標の概要を知りたい。
回答
(Answer)
大津市小関町にある道標です。『大津の文化財』によりますと、概要は「北国海道(西近江路)から別れて藤尾で東海道に合流する約五kmの道は、東海道の間道として小関越と呼ばれる。この道標は、小関越から園城寺(おんじょうじ)(三井寺)へ向かう道の分岐点に立つ。三面に、「左り三井寺 是より半丁」「右小関越三条五条いまく満(ま) 京道」「右三井寺」と刻まれている。三井寺は西国三十三所観音巡札の第十四番札所として多くの参詣者があった。刻銘の「いまく満」が第十五番札所京都の今熊野観音寺を指していることから、この道が巡札道であったことを示す資料ともなっている。」とあります。また同資料によりますと、制作は江戸時代。高さ95cm。大津市指定有形民俗文化財(昭和50年1月4日指定)です。カラー写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸運.道路運輸  (685 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 大津の文化財 大津市教育委員会∥編集 大津市教育委員会 1998年 SB-7011- 98 p.356

2 近江文化財全集 上巻 近江史跡会∥編集 近江史跡会 1974年 SB-7000-1
キーワード
(Keywords)
石造品
道標
大津市指定文化財
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102885解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!