このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088554
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央1383
事例作成日
(Creation date)
2011/03/11登録日時
(Registration date)
2011年07月16日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月07日 19時14分
質問
(Question)
現在の道路交通法では歩行者が右側通行となっていますが、左側通行を指示している場所も多くあり、通行の混乱や事故を招いています。この点について書かれた、歩行者の交通ルールに関する図書や新聞記事を探しています。
回答
(Answer)
以下のとおり、回答いたします。

1.道路交通法でご覧のとおり、道路(道路の定義については各法律条文をご参照ください)と
  建物内では通行についての定めが異なります。
  参考:『図解道路交通法』道路交通法実務研究会/編 東京法令出版 2010年

  道路交通取締法(昭和22年11月8日法律第130号・廃止 昭和35年6月25日法律第105号 )
  では
  「第二条 この法律における用語の意義は、次の通りとする。道路とは、道路法による道路、
  自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。」
  「第三条 道路を通行する歩行者又は車馬は、左側によらなければならない。」
  とあります。

  道路交通法(昭和三十五年六月二十五日法律第百五号)では
  「第十条  歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯
  (次項及び次条において「歩道等」という。)と車道の区別のない道路においては、道路の右側端
  に寄つて通行しなければならない。ただし、道路の右側端を通行することが危険であるときその他
  やむを得ないときは、道路の左側端に寄つて通行することができる。」
  と定められています。

  条文・道路交通法審議経過はインターネット上で公開されている日本法令索引から
  検索することができます。
  『日本法令索引』( http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/

2.歩道や十分な幅員を有する路側帯、車両が進入できない建物内については、日本法令索引で
  「建物/歩道/路側帯」×「通行/歩行」をキーワードとし、現行法令を調べましたが
  ヒットしませんでした。
  地域性や建物の特性から自治体や建物独自に定められている可能性もあります。

3.直接的ではないかもしれませんが、まちづくり情報や関連する法律については下記のようなもの
  があります。

  「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律 〔通称: バリアフリー新法〕
  ( 平成18年 6月21日法律第91号 )
  (目的)
   第一条 この法律は、高齢者、障害者等の自立した日常生活及び社会生活を確保することの
   重要性にかんがみ、公共交通機関の旅客施設及び車両等、道路、路外駐車場、公園施設
   並びに建築物の構造及び設備を改善するための措置、一定の地区における旅客施設、建築物等
   及びこれらの間の経路を構成する道路、駅前広場、通路その他の施設の一体的な整備を
   推進するための措置その他の措置を講ずることにより、高齢者、障害者等の移動上及び施設の
   利用上の利便性及び安全性の向上の促進を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的と
   する。」

   『ヨコハマ・ふくまち.net』( http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/chifuku/fukumachi/
   横浜市の、福祉のまちづくり情報などを知ることができるWEBサイトです。
   関連リンク集でも関連情報を得ることができます。

4.新聞記事、雑誌記事、論文を「右側通行/左側通行」×「歩行者」というキーワードで
  検索したところ、危険性や取り組みについて書かれている記事が複数ヒットしました。

  下記にヒットした記事の例をあげます。
  ・朝日新聞 2004年10月23日 朝刊 「生活2 みんな左を歩いてる?(疑問解決モンジロー)」
  ・読売新聞 1992年7月29日
    「[NEWSズームアップ]道を歩けばナゾに当たる 地下の左側通行など (大阪夕刊 ズーム)」

  横浜市中央図書館では下記オンラインデータベースをご利用いただけます。
  キーワードを変えると範囲が広がります。
  ・朝日新聞オンラインデータベース『聞蔵』
  ・読売新聞オンラインデータベース『ヨミダス歴史館』
  ・日本経済新聞オンラインデータベース『日経テレコン21』

  次のHPでも同様のキーワードを入力していただくと、関連の雑誌記事、論文が検索できます。
  ・『国立国会図書館雑誌記事索引』( http://opac.ndl.go.jp/index.html
  ・『CiNii Nii論文情報ナビゲータ』( http://ci.nii.ac.jp/

5・横浜市立図書館蔵書検索で関連図書を探しました。
  4で見つけた記事の中でコメントされている研究者が関わった図書を参考にする場合は、
  図書館に所蔵しているものもありますので、図書館の蔵書検索で著者名もしくは全項目に指定して
  検索してください。下記に例をあげます。

  ・『行動をデザインする』早稲田大学渡辺仁史研究室/編著 彰国社 2009年
  ・『応用心理学講座 6 空間移動の心理学』福村出版 1992年
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸運.道路運輸  (685 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000088554解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!