このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000056571
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2009T0703
事例作成日
(Creation date)
2009/6/17登録日時
(Registration date)
2009年07月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年04月02日 15時30分
質問
(Question)
道の駅の施設数、市場規模を調べています。
回答
(Answer)
道の駅の施設数や市場規模について調べる資料としては以下のようなものがあります(【 】内は当館請求記号)。

1.道の駅の数、場所等について
●道の駅 トップページ( http://www.michi-no-eki.net/Riyosha/R-001.php
 都道府県別で道の駅の名称、所在地等がわかります。また、PDFまたはCSV形式で、一覧リストをダウンロードすることができます。このホームページは、全国「道の駅」連絡会議によるものですが、国土交通省道路局の道の駅ホームページ( http://www.mlit.go.jp/road/station/road-station.html )とリンクが張られており、道の駅に関するさまざまな情報が掲載されています。ただし、市場規模に関する情報は掲載されていません。

2.市場規模等について
●『有望特殊ルート徹底調査.2007』(富士経済 2006 【DH417-J7】)
物販市場の販売ルートを「一般小売ルート」、「業務用ルート」、「特殊ルート」の3類型に分け、そのうち特殊ルートの市場規模、利用者特性、売上品目等を調査した資料です。65の特殊ルートの一つとして、道の駅が取り上げられています。
物販市場規模として、2004年、2005年、2006年(見込み)、2007年(予測)の品目別の売上高が掲載されています。

●山本久義「九州地域の『道の駅』におけるマーケティング戦略の実態と展望」(『産業経営研究所報』 第40号 2008 pp.121-141 【Z4-118】)
全国的な調査ではありませんが、九州地域の道の駅の調査を含む資料です。2006年に九州にある92か所の道の駅に対してアンケート調査を行い、その項目に、平均年間売上高、平均レジ通過客数、客単価等が含まれています。

(インターネット最終アクセス:2009年6月 17日)

 上記資料は最近のデータを調べるためのものです。年代を遡って調べる際は、資料のタイトルや当館請求記号が異なる場合があります。当館蔵書検索・申込システムNDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/index.html )によって、請求記号をご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸運.道路運輸  (685 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
道路
駐車場
ドライブイン
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000056571解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!