このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図0027
事例作成日
(Creation date)
2005/11/23登録日時
(Registration date)
2006年03月01日 02時10分更新日時
(Last update)
2006年03月01日 02時10分
質問
(Question)
商業ビルの建築費に占める設備費の割合を知りたい。
また、過去20年分ぐらいでの統計は、どうすればみつけられるかを
教えてほしい。
回答
(Answer)
ヒントにお書きいただいたAllabout Japanの表は「積算資料ポケット版」を根拠としていますが、
当館ではこの本の古いものしか所蔵がなく、確認できませんでした。
また「月刊積算資料」や「建設物価」等の雑誌もみましたが、「単価」は記載されていても、
比率については記述が見当たりませんでした。
当館の所蔵資料で探してみると、少々古い資料になりますが、
「建築費指数集録」 建設工業経営研究会 1999 525.3/15/99
標準建築費指数のC表が「建築費と各設備費のウエイト表」となっていて、
総合を100とした時の建築費<さらに(躯体)と(仕上)の内訳あり>と
設備費<(電気)(衛生)(空調)(昇降)の内訳あり>の比率を
①集合住宅(RC)②集合住宅(SRC)③事務所(RC)④事務所(SRC)
⑤事務所(S)⑥独身寮(RC)⑦店舗量販店(RC)⑧校舎(RC)
について書いてあります。
なお、この本は「経研・創立50周年記念」として作成され、昭和25年・35年・40年・45年・
50年・55年・60年・平成2年・7年調査のデータが掲載されていますが、昭和50年以降分は
上記「建築費と設備費」の比率が書かれています。
(なお、この「集録」は国立国会図書館でも最新が99年版でしたが、
同研究会から「経研標準建築費指数月報 」が現在も刊行されていて、
残念ながら当館には所蔵がありませんが、国会図書館には所蔵されています。
最新のデータはこの「月報」に記載されているものと思われます。)
その他、建築・土木関係の本を何冊か見てみましたが、建築費と設備費の比率は
見当たりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
Allabout Japanで、住宅の設備費の建築費に占める割合は、一般的に28.5% と判りました。
http://allabout.co.jp/house/homebuilding/closeup/CU20050323B/index.htm
NDC
建築計画.施工  (525 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
設備費
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000027571解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!