このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-160129
事例作成日
(Creation date)
2014/09/20登録日時
(Registration date)
2017年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月30日 00時30分
質問
(Question)
奥州仕置~岩出山入部~仙台開府までの約10年間の政宗の動静と,葛西・大崎地方の動静の資料があれば教えてください。
回答
(Answer)
以下の資料に記述がありました。※【 】内は当館請求記号

資料1 『岩出山町史 通史編・上巻』岩出山町史編さん委員会, 2009【K233.1/093/1】
pp.228-238「第二編 中世 第三章 室町・戦国時代の大崎地方と岩出山 四 氏家一党と伊達政宗」
pp.238-255「第二編 中世 第三章 室町・戦国時代の大崎地方と岩出山 五 奥羽仕置と大崎氏の滅亡」
pp.282-303「第三編 近世 第一章 仙台藩の成立 一 岩出山と伊達氏」

資料2 『古川市史 第1巻 通史1』古川市史編さん委員会, 2008【K235.4/013/1A】
pp.478-485「第六章 安土桃山時代 第一節 大崎と伊達の合戦」
pp.485-488「第六章 安土桃山時代 第二節 大崎合戦の和議」
pp.489-496「第六章 安土桃山時代 第三節 大崎氏の衰退」
pp.496-502「第六章 安土桃山時代 第四節 中央とのよしみ」
pp.502-508「第六章 安土桃山時代 第五節 小田原参陣と奥羽の国分け」
pp.508-526「第六章 安土桃山時代 第六節 大崎氏の終焉」

資料3 小林清治『奥羽仕置と豊臣政権』吉川弘文館, 2003【K204/039】
pp.86-108「第二章 奥羽仕置の令達 一 小田原出仕」
pp.186-194「第三章 「仕置」経過 一 陸奥 (1)大崎・葛西旧領仕置」
pp.283-312「第四章 大崎・葛西合戦 一 蜂起と第一次合戦」
pp.312-330「第四章 大崎・葛西合戦 二 政宗上洛」
pp.330-348「第四章 大崎・葛西合戦 三 大崎・葛西合戦 一揆再征」
pp.348-354「第四章 大崎・葛西合戦 四 小括」

資料4 小林清治『奥羽仕置の構造』吉川弘文館, 2003【K204/03X】
pp.291-293「第三章 奥羽仕置と大崎義隆 一 大崎家宿老の宇都宮参向」
pp.293-294「第三章 奥羽仕置と大崎義隆 二 大崎領接収と義隆上洛」
pp.294-297「第三章 奥羽仕置と大崎義隆 三 大崎義隆あて秀吉領知朱印状とその性格」
pp.298-301「第三章 奥羽仕置と大崎義隆 四 義隆の名護屋参陣」
pp.302-306「第三章 奥羽仕置と大崎義隆 五 蒲生の客将「大崎」」

資料5 『伊達政宗と岩出山』岩出山町教育委員会, 1986【K233.1/イ2】
pp.5-9「政宗が米沢から岩出山に移るまで」
pp.10-15「岩出山城」
pp.16-22「岩出山城下町」
pp.22-23「山岡志摩重長」
pp.24-25「関ヶ原の戦い」
pp.26-27「仙台開府」

資料6 伊藤卓二『岩出山遷都物語 ―仙台開府400年記念―』大崎タイムス社, 2001【K233.1/015】
pp.90-100「6 奥羽の覇権をかけて」
pp.100-107「7 秀吉,奥州へ」
pp.107-114「8 大崎・葛西一揆」
pp.114-123「9 危機一髪の政宗」
pp.123-139「10 領地替え」
pp.139-147「11 天下人家康」
pp.147-153「12 青葉山に仙台城築く」

資料7 伊藤卓二『政宗,一通の手紙 続・岩出山遷都物語』大崎タイムス社, 2012【K233.1/126】
pp.43-52「第一章 達者な政宗の手紙 奥羽再仕置」
pp.53-60「第二章 岩出山へ移封 死闘・宮崎合戦」
pp.60-62「第二章 岩出山へ移封 天下分け目の関ヶ原」
pp.62-64「第二章 岩出山へ移封 和敬の儀」
pp.66-73「第二章 岩出山へ移封 小次郎の墓」
pp.74-75「第二章 岩出山へ移封 一関市へ」
pp.75-78「第二章 岩出山へ移封 白石城」
pp.78-85「第二章 岩出山へ移封 故地騒擾の件」
pp.85-98「第二章 岩出山へ移封 一関市博物館」
pp.130-133「第四章 岩出山から仙台へ 三つの計画」
pp.133-142「第四章 岩出山から仙台へ 後藤信康」

資料8 佐藤正助『葛西没落―奥州仕置・葛西大崎一揆とその前後』耕風社, 1998.6【K204/986】
pp.99-103「大崎・葛西一揆 序曲」
pp.104-111「大崎・葛西一揆 木村父子救出」
pp.111-118「大崎・葛西一揆 政宗糾弾」
p.119「大崎・葛西一揆 一揆蹂躙」
pp.119-127「大崎・葛西一揆 宮城城殲滅」
pp.127-129「大崎・葛西一揆 佐沼城の殺戮」
pp.129-141「大崎・葛西一揆 佐沼城の立地」
pp.141-144「大崎・葛西一揆 佐沼城皆殺し」
pp.144-147「大崎・葛西一揆 再仕置軍」
pp.147-151「大崎・葛西一揆 一揆鎮定への政宗の思惑」
pp.151-154「大崎・葛西一揆 篭城の実態とその後」
pp.154-157「大崎・葛西一揆 御家再興」
pp.157-166「大崎・葛西一揆 須江山の謀殺」
pp.166-169「大崎・葛西一揆 一揆の本質」
pp.169-174「大崎・葛西一揆 大森城への訴え」
pp.174-180「大崎・葛西一揆 大崎・葛西氏改易」
pp.183-202「伊達氏への国分け」   

資料9 佐々木慶市『奥州探題大崎十二代史』今野出版企画, 1999【K204/999】
pp.138-144「第十章 十二代 大崎義隆 一 義隆政権の性格」
pp.144-146「第十章 十二代 大崎義隆 二 葛西氏との紛争」
pp.146-148「第十章 十二代 大崎義隆 三 大崎氏の家中紛争」
pp.149-154「第十章 十二代 大崎義隆 四 大崎合戦」
pp.154-159「第十章 十二代 大崎義隆 五 和議の成立」
pp.159-164「第十章 十二代 大崎義隆 六 政宗の大崎征服計画」
pp.164-171「第十章 十二代 大崎義隆 七 秀吉の奥州仕置と大崎氏の終末」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
奥州仕置
伊達, 政宗(ダテ, マサムネ)
葛西氏
大崎氏
日本--歴史--中世
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
社会人
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000213521解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!