このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000102210
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120224-6
事例作成日
(Creation date)
2012年02月24日登録日時
(Registration date)
2012年02月24日 16時31分更新日時
(Last update)
2012年02月28日 13時05分
質問
(Question)
アメノコヤネについて知りたい。
回答
(Answer)
Yahoo!百科事典の検索結果から、下記の情報がわかった。

天児屋命(あめのこやねのみこと) [日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%A4%A9%E5%85%90%E5%B1%8B%E5%91%BD/  (2012/02/24確認)
天岩戸(あめのいわと)神話のなかに登場する神。中臣(なかとみ)氏の祖神。天岩戸にこもった天照大神(あまてらすおおみかみ)を引き出すために、神々が神事を行った際、祝詞(のりと)を奏している(『古事記』)。しかし、天岩戸神話の基盤に鎮魂祭があるとすれば、本来この神事をつかさどっていたのは猿女君(さるめのきみ)とすべきである。そこへこの神が登場したり、さらには神事の主宰者のようになっているのは(『日本書紀』一書)、中臣氏が藤原氏になり、その藤原氏の政治的権力が増大するにつれて、この神が割り込んできたとみるべきである。(以下略)

あめのこやねのみこと【天児屋命】-国史大辞典
中臣氏の遠祖とされた神。記紀神話の天石窟(天岩屋戸)の段、天孫降臨の段に活躍し、神事を掌り天降りに随行した五部神(五伴緒、いつとものお)の一。『日本書紀』神代天石窟章第三の一書では、興台産霊(こごとむ ...

あめのこやねのみこと【天児屋命】-日本人名大辞典
記・紀にみえる神。天照大神(あまてらすおおみかみ)を天の岩戸からさそいだすため,祝詞(のりと)をあげ神事をおこなったという。天孫降臨の際,五部神(いつとものおのかみ)の一神としてしたがう。中臣(なかと ...
回答プロセス
(Answering process)
Yahoo!百科事典で検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神話.神話学  (164 9版)
参考資料
(Reference materials)
Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/  (2012/02/24確認)
神道史大辞典 / 薗田稔, 橋本政宣編 吉川弘文館 , 2004 ISBN:4642013407 p.30
日本神話事典 / 青木周平[ほか]編 大和書房 , 1997 ISBN:4479840435 p.31
日本神名辞典 第2版 神社新報社 , 1995 ISBN:4915265668 p.29
キーワード
(Keywords)
春日大社
あめのこやね
藤原氏
中臣氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000102210解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!