このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000102016
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120220-1
事例作成日
(Creation date)
2012年02月20日登録日時
(Registration date)
2012年02月20日 13時05分更新日時
(Last update)
2012年02月24日 14時52分
質問
(Question)
「ときじくのかくの木の実」について知りたい。
回答
(Answer)
Yahoo!百科事典の検索結果から、下記文献の情報がわかった。

ときじく の 香(かく)の菓(このみ・み))-日本国語大辞典
冬期にもしぼむことなく、採っても長く芳香を保つところから)

タチバナの実のこと。かくのみ。かくのこのみ。

*古事記〔712〕中「天皇、三宅連等の祖、名は多遅摩毛理を常世の国に遣はして、登岐士玖能迦玖能木実(トキジクノカクノこのみ)〈登より下の八字は音を以ゐよ〉を求めしめたまひき。〈略〉是れ今の橘なり」

*書紀〔720〕垂仁九〇年二月(北野本訓)「天皇、田道間守に命(みことおほ)て、常世国に遣はして、非時香菓(トキシクノカクノミ)を求めしむ。〈香菓、此をば箇倶能未と云ふ〉今橘と謂ふは是也」

*万葉〔8C後〕一八・四一一一「この橘を 等伎自久能 可久能木実(トキジクノカクノこのみ)と 名づけけらしも〈大伴家持〉」

【補注】
柑橘類の文献上最古の名。一般にタチバナとされてきたが、近年ダイダイとする説、およびコミカンのようなものとする二説が植物学者によって唱えられている。しかし、そのいずれかの考証はきわめて困難である。
回答プロセス
(Answering process)
Yahoo!百科事典で検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神話.神話学  (164 9版)
参考資料
(Reference materials)
Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/  (2012/02/24確認)
日本神話事典 / 青木周平[ほか]編 大和書房 , 1997 ISBN:4479840435 p.198, 224
アマテラスの誕生 : 古代王権の源流を探る / 溝口睦子著 岩波書店 , 2009 (岩波新書 ; 新赤版 1171) ISBN:9784004311713
p.114
キーワード
(Keywords)
常世国
登岐士玖能迦玖能木實
非時香菓
垂仁天皇
タヂマモリ
田道間守
時じくのかくの木の実
たじまもり
タジマモリ
トコヨ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000102016解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!