このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101945
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120219-5
事例作成日
(Creation date)
2012年02月19日登録日時
(Registration date)
2012年02月19日 09時07分更新日時
(Last update)
2012年02月28日 13時56分
質問
(Question)
国つ神について知りたい。
回答
(Answer)
『日本国語大辞典』に次の情報があった。

くにつ 神(かみ)

天孫系の神々に対し、天孫降臨以前からこの国土に住み、その土地を守護する神。国土を守護する神。また、その子孫。地神。その土地の自然、生活に密着する、自然神的性質が強い。

*古事記〔712〕上「須佐之男命〈略〉『汝等は誰ぞ』と問ひ賜ひき。故、其の老夫答へ言さく、『僕(やつかれ)は国神(くにつかみ)、大山津見神の子ぞ』とまうす」

*播磨風土記〔715頃〕餝磨「幣丘と称ふ所以は、品太の天皇、此処に到りて、地祇(くにつかみ)に幣を奉りたまひき」

*醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年〔747〕「我等国者、天社国社一百八神一所より礼奉る。我等国の神の御心恐故、他国神は不可礼拝と白き」

*万葉〔8C後〕五・九〇四「天つ神 仰ぎ乞ひ祷(の)み 地祇(くにつかみ) 伏してぬかづき かからずも かかりも 神のまにまにと〈作者未詳〉」

*延喜式〔927〕祝詞・六月晦大祓「国津神(くにツかみ)は高山の末、短山(ひきやま)の末に上りまして、高山のいゑり・短山のいゑりを撥き別けて聞しめさむ」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神話.神話学  (164 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本神話事典 / 青木周平[ほか]編 大和書房 , 1997 ISBN:4479840435 p.134
日本神名辞典 第2版 神社新報社 , 1995 ISBN:4915265668 p.164
キーワード
(Keywords)
国つ神
くにつ神
国津神
天神地祗(てんじんちぎ)(あまつかみくにつかみ)
天神地祇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000101945解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!