このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261615
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20181000160
事例作成日
(Creation date)
2018/10/18登録日時
(Registration date)
2019年09月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年09月21日 00時30分
質問
(Question)
成田市高倉の山林内にある、桜井清次郎碑の碑文全文が載っている資料はあるか。
回答
(Answer)
『成田の地名と歴史』の「碑文紹介」p.15に「桜井清次郎碑」の項目がある。 年代は明治29(1896)年、大きさは縦230cm×横170cmと記されている。桜井清次郎は、幕末から明治中期の教育者・神道家と書かれている。碑文の題額と大意は載っているが、碑文そのものの記載はない。『史談しもふさ 第32号』p.25-p.36に「紀恩碑をもとにした桜井清次郎略伝」島田七夫、の項目がある。ここに、桜井清次郎紀恩碑の所在地、碑文(漢文)全文が載っている。また、石碑の写真、読み下し文、大意、および桜井清次郎の略伝と年譜も記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
成田市内にある碑文なので、『成田の地名と歴史』の「碑文紹介」を調べた。成田市高倉は合併前は旧下総町であるため、旧下総町の歴史についての資料を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『成田の地名と歴史』 成田市 2011.3 213.5
『史談しもふさ 第32号』 下総郷土史研究会 2011.5 213.5
キーワード
(Keywords)
桜井清次郎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
地域(成田)
質問者区分
(Category of questioner)
行政
登録番号
(Registration number)
1000261615解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!