このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000102731
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1443
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時02分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
盛安寺木造十一面観音立像の概要を知りたい。
回答
(Answer)
盛安寺は大津市坂本一丁目にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「(前略)四臂(び)の十一面観音立像。像高179.1cm。現状は黄土の下地をみせているが、ごく一部に漆箔がのこっている。頭体幹部は両合掌手の上膊(じょうはく)などを含めてヒノキ1材より彫出し、背刳(せぐり)をほどこして、タテ125cm、ヨコ31.5cmの蓋板(ふたいた)をあてる。そのほかを適宜に矧(は)ぐが、後補が多い。像底に丸穴をうがた、現状ではそこに丸棒をさし込んで台座にたてている。頭上面は、頂上仏面10面を上に4面、下に6面をおき、合掌手とその両脇に、右手は錫杖(しゃくじょう)、左手は蓮華をもつ。(中略)盛安寺像は、量感ののこる顔の肉取りや全体感、あるいは渦文(かもん)をみせる衣褶(いしゅう)などに古様をのこすものの、その表情やあさく形式化した衣文の彫法などをみれば、10世紀末から11世紀初期の制作と考えられる。もと崇福寺(すうふくじ)の安置像であったとの伝承がある。重要文化財。(高梨純次)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.430

2 大津の文化財 大津市教育委員会∥編集 大津市教育委員会 1998年 SB-7011- 98

3 仏像レファレンス事典 日外アソシエーツ株式会社∥編 日外アソシエーツ 2009年 R-7180-ニ
キーワード
(Keywords)
盛安寺
重要文化財
仏像
崇福寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102731解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!