このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
一般社団法人全国銀行協会銀行図書館 (4210005)管理番号
(Control number)
2010-55
事例作成日
(Creation date)
2010年08月登録日時
(Registration date)
2010年09月08日 11時42分更新日時
(Last update)
2010年09月08日 11時42分
質問
(Question)
かつて両国にあった不動銀行がその後どうなったのかを知りたい。子供の頃に大黒様のお菓子をもらったことがある。
回答
(Answer)
「銀行変遷史データベース」で確認したところ、「不動」とつく銀行は4行存在した。
このうち、シンボルマークが大黒天であり、両国に支店があることが確認できた「不動貯金銀行」が該当すると思われる。


昭和20年5月に、不動貯金銀行他9行の貯蓄銀行が合併し、日本貯蓄銀行が新立した。
この後、昭和23年7月に協和銀行と改称、平成3年4月に埼玉銀行と合併し協和埼玉銀行と改称、平成4年9月にあさひ銀行に改称、平成15年3月に大和銀行と合併・分割してりそな銀行、埼玉りそな銀行、という変遷をたどっている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金融.銀行.信託  (338)
参考資料
(Reference materials)
「不動貯金銀行の研究」(大黒屋書店、昭和3)
「各店営業状況の諸調査 昭和11年下半期」(不動貯金銀行経理課、昭和12)
「銀行変遷史データベース」( http://www.zenginkyo.or.jp/library/hensen/index.html
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000070996解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!