このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261206
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2019-075
事例作成日
(Creation date)
2011年09月09日登録日時
(Registration date)
2019年09月10日 18時43分更新日時
(Last update)
2019年09月11日 12時28分
質問
(Question)
ニサンザイ、ミサンザイ、グワショウ坊、いたすけ、ドンチャン山2号、善右ヱ衛門など人名系、カトンボ山などの各古墳の名称の由来について知りたい。
回答
(Answer)
ニサンザイ・ミサンザイ
 天皇陵の「陵」の読み「みささぎ」が語源で、これがなまったものと言われている。
 しかし、なぜ「ニ」と「ミ」に分かれたかはわからない。
 堺市以外の古墳でもこの名前がある。

グワショウ坊
 明治30年・大正4年作成の絵図には「画条坊(がじょうぼう)」と記載されている。
 これがなまったものと考えられるが、なぜ「画条坊」という名前なのかはわからない。

いたすけ
 いたすけ古墳のまわりにある池の名前が「板鶴池(いたづるいけ)」だった。この「いたづるいけ」がなまっていたすけになったのではないか。

ドンチャン山2号
 古墳のちかくに雑木林があり、地元の人たちはそこを「どんちゃ山」と呼んでいたらしい。なぜその名前なのかはわからない。

善右ヱ門山
 この名前は、明治・大正の資料にも出てくる。人の名前がついている古墳は結構あり、たいていはその土地の所有者の名前だが、「善右ヱ門」が誰かはわかっていない。

カトンボ山
 明治・大正時代は「ウシロ防」と呼ばれていた。遺跡地図作成のとき、なぜカトンボ山になったのかはわからない。
(東図書館)
回答プロセス
(Answering process)
所蔵資料をあれこれ当たるがほぼ見当たらず。本市の中央図書館に調査依頼するも発見できず。中央から本庁文化財課に問い合わせ、解答を得た。
結局のところ、
・古墳の名前の由来がひとつにまとまった資料はない。
・昭和35年に文化庁が文化財の遺跡分布調査をするよう指示。これを受けて、大阪府が調査し、遺跡地図を作成した。
・現在知られている名前は、昔からずっと伝わっている名前ではなく、その地図作成の時につけられた名前で、明治・大正時代と呼び方が違う古墳もある。
・遺跡地図につけられた古墳の名前をどうやって決めたのかは、今となってはわからない。
・明治・大正時代と名前が違うとなぜわかるかというと、その頃の庄屋が地図や絵図を残していて、そこに目印として古墳が書き込まれていることもあるので、方向を照らし合わせて、現在の古墳と比較できる。
・どの名前の由来も確証はなく、~と言われているという程度。
だそうである。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
百舌鳥梅町伝承委員会/編 , 百舌鳥梅町伝承委員会. もずの梅町ふるさと話. 百舌鳥梅町出版局, 2005-04.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I084974575-00
キーワード
(Keywords)
古墳
百舌鳥古墳群
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261206解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!