このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260679
提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2019-0001
事例作成日
(Creation date)
2019年05月22日登録日時
(Registration date)
2019年09月01日 12時51分更新日時
(Last update)
2019年09月06日 09時45分
質問
(Question)
1953年頃のダブリンの地図が見たい。火野葦平が1953年に世界ペン大会でダブリンに訪れた際に、「アミアン」という駅で降りたらしいので、その場所等を確認したい。
回答
(Answer)
【資料1】『近代ヨーロッパ首都地図集成 第3期』(近代ヨーロッパ都市地図刊行会編 遊子館 2000)に1901年及び1913年のダブリン市街の地図が掲載されており、ともに「Amiens St. Station」が確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
Googleで「ダブリン&アミアン」で検索すると、以下のサイトがヒットした。
「スマートフォンに興味がない?: アイルランド最古のダブリン・コノリー駅(Doblin Connolly)に立ち寄る」( http://smartphone24365.blogspot.com/2016/05/doblin-connolly.html )に「コノリー駅は、ドラーゲタ&ダブリン鉄道のために1846年にタルボット通りの中心に建設された最初の駅である。(中略)今でも建設当初のアミアン駅の名で親しまれている。」
「Connolly station – Wikipedia」( https://en.wikipedia.org/wiki/Connolly_station )を確認すると、「1844 Opened as Dublin Station 1854 Renamed Amiens Street Station 1966 Renamed Connolly Station」との記載あり。

当館OPACで「書名:ダブリン&地図」で検索すると、上記【資料1】『近代ヨーロッパ首都地図集成 第3期』がヒットした。資料を確認するとダブリンの地図は1901年(1:13000)と1913年(1:19000)が収録されている。希望の年代とは異なるが、上記Wikipediaの情報とともにお伝えし、「Amiens St. Station」の場所が確認できるので、この資料でよいとのことであった。

その後、国立国会図書館ONLINEで「ダブリン&地図」で検索し、当館にも所蔵がある【資料2】『世界紀行文学全集 3 イギリス』(pid:1666682 224コマ 国立国会図書館デジタルコレクション参加館公開資料)巻末地図および、同様に「アイルランド&地図」で検索し、【資料3】『世界文化地理大系 15 イギリス』(pid:3019570 164コマ 国立国会図書館デジタルコレクション参加館公開資料)p304にも「アミアンズストリート駅」が記載されている地図を確認した。両資料とも地図の年代は不明。
<インターネット最終確認日:2019年8月22日>
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ヨーロッパ  (293 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】近代ヨーロッパ首都地図集成 第3期』(近代ヨーロッパ都市地図刊行会編 遊子館 2000)(2101133661)
【資料2】『世界紀行文学全集 3 イギリス』(修道社 1972)(9100439623)
【資料3】『世界文化地理大系 15 イギリス』(平凡社 1959)(9102171178)
キーワード
(Keywords)
ダブリン(ダブリン)
地図(チズ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260679解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!