このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1382
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時01分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
慈眼寺銅造聖観音立像の概要を知りたい。
回答
(Answer)
慈眼寺は東近江市瓜生津町にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「(前略)総高40.2cm。(中略)髻(もとどり)を結い、髪筋をきざんだ頭部には三面宝冠(正面上半部欠)を頂く。左右の宝冠から紐飾りを垂れ、胸飾から垂れる瓔珞(ようらく)も紐状に刻線を丹念にあらわしている。童顔で、体部の胴はつよくくびれている。両肩より垂れる天衣は蓮台上で複雑に反転し、反花までのびている。右手は臂を曲げるが、臂より先は後補。左手は垂下し、指で瓔珞をはさんでいる。裳をつけ、腰をわずかに右にひねってたつ。白鳳時代の作で、もとは鍍金(ときん)がほどこされていたのであろうが、現在は地肌をみせている。寺伝では、近江の守護佐々木氏奉持の像であったといい、慈眼寺の本尊となるのは慶長(1596~1615)のころというが真偽は不明。重要文化財。(佐々木進)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.359

2 仏像レファレンス事典 日外アソシエーツ株式会社∥編 日外アソシエーツ 2009年 R-7180-ニ
キーワード
(Keywords)
慈眼寺
重要文化財
仏像
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102619解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!