このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1229
事例作成日
(Creation date)
2012/09/29登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時02分更新日時
(Last update)
2013年02月27日 00時30分
質問
(Question)
永昌寺木造地蔵菩薩立像の概要を知りたい。
回答
(Answer)
永昌寺は甲賀市水口町宇川にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「(前略)像高154.9cm。両手・両足をのぞいたほぼ全身をヒノキの1材から彫出して内刳(うちぐり)しない。両手・両足先や袖先の一部、台座、光背は後補となるが、褪色(たいしょく)がはげしいとはいえ当初の彩色ものこし、保存は良好である。きびしさののこる表情や大きな耳、肉身をあまりみせずに渦文や翻波式衣文をきざむ衣の表現などは、その構造とともに古様である。しかし全体的な量感の減退、円い曲線をえがく肩や鋭さを欠いた衣文の彫法、さらにその衣文の処理法などは善水寺薬師如来坐像や梵天・帝釈天立像にいちじるしく似ており、制作者や年代が極めて近いことを暗示している。10世紀末の制作と考えられる。重要文化財。(後略)(高梨純次)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.70

2 仏像レファレンス事典 日外アソシエーツ株式会社∥編 日外アソシエーツ 2009年 R-7180-ニ
キーワード
(Keywords)
永昌寺
重要文化財
仏像
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000098153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!