このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033621
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20070202
事例作成日
(Creation date)
2007年02月02日登録日時
(Registration date)
2007年03月01日 11時54分更新日時
(Last update)
2007年05月01日 15時54分
質問
(Question)
下間荘兵衛の茶釜が載っている本を見たい。
昨年の春頃、大西定林の茶釜の本を金沢の図書館から借りたことがある。
回答
(Answer)
石川県立図書館から『茶之湯釜全集』を借受ることにした。
<補足>
『茶道聚錦』 12 茶の道具 3 釜・香合・水指 小学館 , 1985 に掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
①自館OPACで「下間荘兵衛」「荘兵衛」「茶釜」等検索 → 該当なし
②総合目録ネットワークで同様の検索 → 該当なし
③大西定林の件を当時担当した職員に確認 
 → 石川県立図書館から『茶之湯釜全集』(全10巻)全巻を借り内容を確認後、該当巻を提供したとのこと
今回も同様に対応した。
【レファレンス協同データベース入力後情報】
近畿大学様から以下のようにコメントをいただきました。
------------------------------------------
下記文献に下間庄兵衛作の茶釜の写真が掲載されていました。
『茶道聚錦』 12 茶の道具 3 釜・香合・水指 小学館 , 1985
p.111
154 下間庄兵衛作(しもつましょうべえさく) 擂座釜(るいざがま) 鐶付鬼面(かんつききめん)
図版解説 p.294
154 下間庄兵衛作 擂座釜 鐶付鬼面 天明年間(一七八一~八九)
「これは天明年間の庄兵衛の作で、下間(しもつま)家は名越浄味家の別家であるところから、作風も継承している。この釜はその作例ともなろう。」
p.89には、「名越流の京作の伝統を受け継いだ下間(しもつま)家では、初代庄兵衛が藪内家の釜師として美しい打肌の釜を作っている。」とあります。
また、『講談社日本人名大辞典』に下記の「しもつま-しょうべえ 下間荘兵衛」の項がありました。(p.947)
(初代)「(?-1773) 江戸時代中期の釜(かま)師。名越(なごし)三典にまなび、京釜の名工と称された。(以下略)」
(2代)「(?-1800) 江戸時代中期の釜(かま)師。初代下間荘兵衛の子。(以下略)」
これらから、この擂座釜は下間庄兵衛(2代)=下間荘兵衛(2代)の作ではないかと思われます。
ご確認くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
------------------------------------------
『茶道聚錦』:福井県内では坂井市立三国図書館、丸岡図書館、春江図書館で所蔵しています。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
下間荘兵衛
下間庄兵衛
茶釜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
近畿大学
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000033621解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!