このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000107215
事例作成日
(Creation date)
2013年07月25日登録日時
(Registration date)
2014年03月22日 15時56分更新日時
(Last update)
2014年03月29日 07時59分
質問
(Question)
山口県内で初めて設置された信号機の写真がないか。
回答
(Answer)
山口県内で信号機が最初に設置されたのは、下記資料1および昭和60年3月1日の『山口新聞』記事「交通信号機30年」によると、昭和30年3月1日、下関市竹崎町である。
(この新聞記事には、昭和60年当時と思われる写真「県下で最初に信号機が設置された下関駅西口交差点」は掲載されている。)

これに基づき、次のとおり昭和30年3月1日前後の新聞記事を確認するが、関連記事及び写真は見つからなかった。
・『朝日新聞』『毎日新聞』の山口版および『防長新聞』 昭和30年2月25日~3月5日
・『西日本新聞』 3月1日~5日
・『中国新聞』 3月中の記事を通覧(資料2には設置時期が「昭和30年3月」とあり、日付までの記載がなかったため)

なお、県内で最初に設置された信号、という写真ではないが、資料3に昭和30年代の下関の唐戸交差点、昭和35年頃の下関駅前の遠景写真があり、風景の一部として信号機が写っている。
回答プロセス
(Answering process)
1.過去に調査したレファレンス記録により、山口県内で最初に設置された信号機は「昭和30年3月1日、下関市竹崎町」と判明。(出典:昭和60年3月1日の山口新聞記事「交通信号機30年」及び資料1)
資料2には「昭和30年3月」とあり、日付までは記載がない。
資料1、2とも信号機の写真は掲載がない。

2.日付が判明したため、所蔵新聞の山口版及び防長新聞の記事を確認するが、関連記事は見つからなかった。

3.『下関市史』(終戦ー現在)や写真集(『目で見る下関・豊浦の100年』『写真集明治大正昭和下関』)で交通や町並みに関する箇所を確認。資料3に昭和30年代の唐戸交差点、昭和35年頃の下関駅前の遠景写真があり、風景の一部として信号機が写っている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 山口県警察史 下巻 山口県警察史編さん委員会∥編 山口県警察本部 1982.3 Y317/K 8 p1220
2 山口県の交通小史 山口県警察本部交通部∥[編] 山口県警察本部 1996.08 Y681/M 6 p9
3 下関市史 別巻(写真集) 下関市市史編修委員会∥編修 下関市 1995.03 Y267/L 3 p67-68
キーワード
(Keywords)
信号機
シンゴウキ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000151107解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!