このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2014-072
事例作成日
(Creation date)
2014年09月24日登録日時
(Registration date)
2015年01月22日 10時12分更新日時
(Last update)
2015年03月11日 10時32分
質問
(Question)
伍井芳夫(いつい・よしお)大尉(昭和20年4月1日出撃、埼玉県出身)が搭乗した太平洋戦争時の特攻隊の飛行機の機種名、攻撃に向った地域、攻撃した艦船名を知りたい。
回答
(Answer)
伍井芳夫(いつい・よしお)大尉が搭乗した機種名については、一式戦闘機(「隼」)と九九式地上襲撃機(九九式軍偵察機)の両方について紹介されている資料があるが、特定することはできなかった。攻撃に向かった地域については、複数の資料ですべて一致して「沖縄・慶良間列島南側付近」を示す記述があり回答プロセス以下の資料を紹介した。
ただし、攻撃した艦船については、特定した資料は見当たらなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『特攻隊長伍井芳夫 父と母の生きた時代』(臼田智子著 中央公論事業出版 2003)
 口絵写真(飛行機のプラモデル) 解説に「父は、これと同じ型の九九襲撃機で知覧を飛び立った。」とあり。
 p67-68「四月一日、午前三時に出発。出撃は伍井隊長のほか岡本、金子准尉、大橋、藤野曹長、清水軍曹のベテラン級六人と決定。沖縄・慶良間列島南側付近、夜間飛行のうえに、荒天が予想された。清水機が直前になってエンジン不調。五機が暗夜の知覧飛行場を出撃した。」
 「四月三日の朝、母はラジオの戦況ニュースに耳を傾けていた。(中略)「四月一日早朝、手に桜の花を持ち、第二十三振武隊特攻隊長伍井大尉、以下何名と出撃す」と告げていた。そして、沖縄海域において敵艦船に突入したと、ニュースは繰り返された。」との記載あり。
 ※ただし、遺族の元に生き残った部下から寄せられた手紙によると、途中で引き返したとの情報もあり(p104)。
『陸軍航空特別攻撃隊史』(生田惇著 ビジネス社 1977)
 p278「沖縄方面」「第六航空軍」の表に「伍井芳夫」の記載あり。隊名「23(改行あり)99襲」月日「(昭和20年)4.1」場所「慶良間列島南」とあり。
『血戦特攻隊の記録』(桝谷健夫編 ツバサ広業 2000)
 p141「埼玉県陸軍 四一名」の表に「伍井芳夫」の記載あり。階級「中佐」隊名「第23振武隊(九九襲)」(中略)戦死場所「慶良間列島南」戦死日「20.4.1」とあり。
『特別攻撃隊全史』(特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会 2008)
 p57「4月1日(中略)知覧からは第23振武隊の伍井大尉以下四名および飛行第65戦隊の久保軍曹が沖縄周辺の敵艦船群に突入した。」
 p264「伍井芳夫」の記載あり。隊名「第23振武隊(九九襲)」階級「大尉」(中略)戦死場所「慶良間列島南」戦死日「20.4.1」とあり。
『ドキュメント神風 特攻作戦の全貌 下』(デニス・ウォーナー、ペギー・ウォーナー著 妹尾作太男訳 時事通信社 1982)
 p294-359「付録1 特別攻撃戦果一覧表」あり。調査の参考資料も掲載。陸海軍の明確な区別を示す表記は見られなかったが、特攻隊名の一部に「陸軍飛行」あるいは「陸軍特攻」を冠するものあり。
 p312-313 1945年4月1日の欄に、戦果(複数の艦船)および複数の特攻隊名の記載あり。その中に「陸軍特攻第二十三振武隊」の項あり。特攻機機種/機数「一式戦4」発進基地/発進時刻「知覧/早朝」指揮官「大尉 伍井芳夫」と記述あり。
 「連合軍側の記録による損害・沈没艦船名」の項に11隻があげられているが、どの部隊および特攻機による被害なのかは詳述なし。
 「日本側の確認または推定戦果」の項に、伍井隊を含む陸軍4隊による特攻の戦果として「巡洋艦4席撃沈/輸送船1席撃沈/間種負傷2席撃沈/輸送船1席円状」とあるが、どの舞台および特攻機による被害なのかは詳述なし。
『特別攻撃隊(別冊1億人の昭和史)』(毎日新聞社 1979)
 p80-117「陸軍特別攻撃隊史」(生田惇)あり。フィリピンおよび沖縄作戦に関する記述あり。隊名、隊長名、機種機数等の記述はあるが、総合的な一覧にはなっていない。
 p294-305「陸海軍航空特攻隊出撃年表」(S19.10.21~20.8.15)あり。年月日・特攻隊名・特攻機種機数・発進基地・指揮官の項目あり。陸海軍の明確な区別を示す表記は見られなかったが、特攻隊名の一部に「陸軍特攻」を冠するものあり(S19.11.12-)。
なお、p80に昭和19年5月27日に初期の体当たり攻撃があったという記載あり。
 p298 昭和20年4月1日の項に「第二十三振武/一式戦4/知覧/大尉伍井芳夫」と記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸軍  (396 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『特攻隊長伍井芳夫 父と母の生きた時代』(臼田智子著 中央公論事業出版 2003), ISBN 4-89514-208-6
『陸軍航空特別攻撃隊史』(生田惇著 ビジネス社 1977)
『血戦特攻隊の記録』(桝谷健夫編 ツバサ広業 2000)
『特別攻撃隊全史』(特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会 2008)
『ドキュメント神風 特攻作戦の全貌 下』(デニス・ウォーナー、ペギー・ウォーナー著 妹尾作太男訳 時事通信社 1982)
『特別攻撃隊(別冊1億人の昭和史)』(毎日新聞社 1979)
キーワード
(Keywords)
太平洋戦争
特別攻撃隊(特攻隊)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000166590解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!