このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000778
事例作成日
(Creation date)
2019/10/18登録日時
(Registration date)
2020年01月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年07月15日 00時30分
質問
(Question)
【喫茶店の外観写真について】  小説のタイトルの由来となったという説のある「茶房放課後」という店舗の外観写真の載った資料はあるか。
回答
(Answer)
関連する資料を確認したが、外観写真は確認できなかった。

北國新聞平成24年8月16日付記事35面に東野圭吾の小説『放課後』と茶房放課後の関係についてまとめられた記事がある。
同記事によると、茶房放課後は昭和48年に開店し、近隣の再開発に伴い昭和63年に閉店したとある。記事には、当時と新聞掲載時の付近の写真が掲載されている。店舗の外観は確認できない。

店舗のあった此花町関係の資料、当時の金沢の店舗情報を記した資料、店舗近くの別院通りを写した写真帳等を確認したが、外観写真の載った資料は確認できなかった。調査資料を以下に掲げる。
『はばたく此花』(109078016)p.9に旧此花小学校の屋上から西側を撮った写真が載せられているが、該当する建物は写っていない。
『金沢おもしろ雑記帳』(11824272)昭和60年時点の金澤の店舗の情報が収録されている資料。
『かなざわパスポート』(11915907)
『20世紀の照像 石川写真百年・追想の図譜』(改編版)(118388152)
『金沢市本町地区市街地再開発調査報告書』(118583175)等、金沢駅や市街地の再開発関係の資料。

『おあしす 1976年8月号』(179066001)に「コーヒーのみあるきマップ」という特集があり、p.20~21に茶房放課後の紹介とお店のロゴが掲載されているが、店舗の外観写真はなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000273109解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!