このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6000002242
事例作成日
(Creation date)
2015年10月30日登録日時
(Registration date)
2019年04月02日 10時30分更新日時
(Last update)
2019年07月04日 10時56分
質問
(Question)
『日本書紀』の中に白鳳地震について書かれている部分があるらしいのだが、どこに載っているのか?
回答
(Answer)
『新編日本古典文学全集4 日本書紀3』(小学館 1998年)に、以下の記述あり。

「巻第二十九 天渟中原瀛真人天皇 下 天武天皇」
”壬辰に、人定に寄て逮りて、大きに地震る。国挙りて男女叫唱ひ、不知東西ひ、即ち山崩れ河湧く。諸国の郡の官舎と百姓の倉屋・寺塔・神社、破壊れし類、勝げて数ふべからず。是に由りて、人民と六畜、多に死傷はる。時に、伊予湯泉、没れて出でず。土佐国の田苑五十余万頃、没れて海と為る。(後略)”(P439)
回答プロセス
(Answering process)
『地震の日本史』(p33~)に、日本書紀に記録されている地震として、天武天皇一三(六八四)年一〇月一四日に発生した地震について記載されていた。この地震は白鳳南海地震と呼ばれているという記述があり、これに基づいて、当館所蔵の日本書紀の該当部を確認し、ご案内した。

また、『日本の自然災害』でも確認したところ、白鳳地震について以下の記述あり。(p50)
「近畿から四国にかけての太平洋側で強い地震があり、山崩れが多発したほか、家屋社寺の倒壊、人畜の死傷多数。津波が襲来して土佐で船の沈没が続出し、また、田園の50万余頃(約1200ha)が沈下して海になったという記録がある。南海トラフ地震と推定される。」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『新編日本古典文学全集4 日本書紀3』小学館 1998年
力武常次/監修 , 竹田厚/監修 , 力武‖常次 , 竹田‖厚. 日本の自然災害 改訂 改訂. 国会資料編纂会, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I022274589-00 , ISBN 4906474063
キーワード
(Keywords)
日本書紀
白鳳地震(ハクホウジシン)
白鳳南海地震(ハクホウナンカイジシン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254493解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!