このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6000002731
事例作成日
(Creation date)
2014年06月20日登録日時
(Registration date)
2019年03月20日 16時03分更新日時
(Last update)
2019年07月04日 11時05分
質問
(Question)
昭和20年8月15日に中国の重慶で国民政府主席の蔣介石が発した「以徳報怨」の声明の文章が知りたい。
回答
(Answer)
全文ではないが、以下の資料に概説あり。
『蔣介石』保阪正康/著 文春新書 1999年 p234~235
『蔣介石が愛した日本』関榮次/著 PHP新書 2011年 p203~204
『蔣介石秘録 上』サンケイ新聞社/著 サンケイ新聞社 1985年 p30~31

『蔣介石』による、声明の様子と内容は以下の通り。
”八月十五日午前十時(日本時間午前十一時)、蔣介石は自ら筆を執った原稿を手に、中国国民と兵士にむけて声明を読み上げた。日本で天皇の放送がある一時間も前のことで、蔣介石はすでにそのことを知っていたのである。「告示」と題するその内容は各種の資料をもとに平易に説明すると、以下のようになった。
「同胞よ、中国には『人の旧悪を思わず』と『人に善をなす』という高い徳性がある。われわれは一貫して、日本軍を好戦的な敵と考えていて、日本人民は敵とせず、と主張してきた。今日、われわれ連合国は共同してその軍閥を打倒した。日本には投降条件を厳しく守ってもらわなければならない。しかしわれわれは仇に報復を加えてはならず、敵国の罪なき人民に侮辱を加えてもいけない。彼らが軍閥によって愚弄され、欺かれていたことに同情し、自ら誤りと罪悪から脱出するよう反省すればいい。もし今まで敵がわれわれに暴力を行ったからといって、それに暴力で報いたなら、さらに彼らが優越感でわれわれを辱めたように、われわれもまた彼らを辱めたならば、それは怨みをもって怨みに報いることになり、それは永久に続くことになる。それはわれわれ仁義の士の目的とするところではない。…」”
回答プロセス
(Answering process)
蒋介石の伝記、中国の歴史、日中戦争の関連書籍をあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
保阪正康 著 , 保阪, 正康, 1939-. 蒋介石. 文藝春秋, 1999. (文春新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002778326-00 , ISBN 4166600400
関榮次 著 , 関, 栄次, 1929-. 蒋介石が愛した日本. PHP研究所, 2011. (PHP新書 ; 725)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011153903-00 , ISBN 9784569796116
サンケイ新聞社/著 , サンケイ新聞社. 蒋介石秘録 : 日中関係80年の証言 上 改訂特装版. サンケイ新聞社.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I058933021-00
キーワード
(Keywords)
蒋介石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000253329解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!