このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000197044
提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H28-024
事例作成日
(Creation date)
2016年08月04日登録日時
(Registration date)
2016年09月17日 13時10分更新日時
(Last update)
2016年10月04日 16時50分
質問
(Question)
江戸時代から明治時代初期くらいまでの、立川や津久井郡にいた医師の名前がわかるような資料はないか。
また、明治から大正時代ごろに、多摩や津久井の接骨院を営んでいた清水松太郎あるいは、息子の丑太郎について知りたい。
回答
(Answer)
回答プロセスのとおり資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
質問①
江戸時代から明治時代初期くらいまでの、立川や津久井郡にいた医師の名前がわかるような資料はないか。

■地域の資料がある棚から次の資料を見つけた
『神奈川県医師会史』神奈川県医師会/編 神奈川県医師会 1977【K0-49 S00615641】
 → 明治史や相模原医師会略史、巻末には名簿もあるが、江戸、明治期の名簿はない。

■リサーチ・ナビ 調べ方案内>社会・労働・教育・スポーツ>リスト情報(学校・団体等)>医師の名簿
 → 2-1 明治期より
   『日本医籍』内務省衛生局/編 忠愛社 1889
   デジタルコレクションあり
   コマ番号32:北多摩郡に砂川村・立川村あり
   コマ番号34・35:津久井郡あり
   ※在勤ではなく、在住者ごとの記載のようである。

質問②
明治から大正時代ごろに、多摩や津久井の接骨院を営んでいた清水松太郎あるいは、息子の丑太郎について知りたい。

■医師であると仮定し、リサーチ・ナビ “医師の名簿” を一通り確認するが、以下の資料に記載はなかった。
『日本医籍』内務省衛生局/編 忠愛社 1889
『帝国医籍宝鑑』山口力之助/編 南江堂 1898
『日本杏林要覧』日本杏林社/編 日本杏林社 1909 
『帝国医師名簿』入江金太郎/編 帝国医師名簿発行所 1919

※【】内は自館の請求記号と資料コードです。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490)
参考資料
(Reference materials)
『神奈川県医師会史 1』神奈川県医師会/編 神奈川県医師会 1977
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046266904-00
『日本医籍』内務省衛生局/編 忠愛社 1889
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000434948-00
『帝国医籍宝鑑』山口力之助/編 南江堂 1898
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001981992-00
『日本杏林要覧』日本杏林社/編 日本杏林社 1909 
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000521035-00
『帝国医師名簿』入江金太郎/編 帝国医師名簿発行所 1919
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000553457-00
キーワード
(Keywords)
医師名簿
立川
津久井
多摩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000197044解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!