このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000209469
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
20170208-3
事例作成日
(Creation date)
2016年04月10日登録日時
(Registration date)
2017年02月08日 14時38分更新日時
(Last update)
2017年02月08日 14時47分
質問
(Question)
江戸後期・幕末期の越前・若狭の人物で、長崎滞在時の日記があればみたい。
回答
(Answer)
村田氏寿『関西巡回記』三秀舎、1940所収「西遊日誌」に安政4年5月26日~6月8日の長崎滞在時の日記あり。
回答プロセス
(Answering process)
まず、越前・若狭の人物で長崎遊学を果した人物を把握するため、下記資料を調査。
・平松勘治『長崎遊学者事典』渓水社、1999
→岩佐純以下、18人の名前があるも、参考文献に単一の伝記なし。そのため日記類の公刊はないと判断。念のため上記18人について当館の所蔵資料も調査。以下の4件が該当。
・永井環『新日本の先駆者日下部太郎』福井評論社、1930
・渡辺宏「瓜生寅の履歴と著作」(『日本古書通信』44-2、1979)
・『橋本綱常先生』日本赤十字病院、1936
・保科英人「三崎嘯輔の生涯」(『日本海地域の自然と環境』21、2014)
 →長崎留学の記載はあっても、日記そのものを載せるものなし。

このほか、長崎を訪れた人物で思い当たる人物に村田氏寿。
・村田氏寿『関西巡回記』三秀舎、1940
 同書所収「西遊日誌」に安政4年5/26-6/8の日記あり
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1046887   (97コマ目~)
由利公正も長崎を訪れているが、下記文献に日記なし。
・『由利公正伝』光融館、1916
・『子爵由利公正伝』私家版、1940
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
長崎
日記
村田氏寿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物 郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 団体
登録番号
(Registration number)
1000209469解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!