このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000209468
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
20170208-2
事例作成日
(Creation date)
2016年04月05日登録日時
(Registration date)
2017年02月08日 14時33分更新日時
(Last update)
2017年02月08日 15時30分
質問
(Question)
福井市の足羽川の堤防や足羽山の桜は、いつ頃、何本植えられたか。
回答
(Answer)
現在のものは昭和27年(1952)の福井復興博覧会を機に植樹したもの。昭和26年と書いてある資料や昭和28年春と書いてある資料あり。桜の本数についても1300本と書いてあるものと、1800本と書いてあるものあり。
回答プロセス
(Answering process)
H26.3に調べた結果を参考に再調査。

・『新修福井市史 Ⅰ』福井市、1970
p921「足羽川堤防に桜、楓を植える:この河川改修に関連して、堤防上に桜や楓(かえで)を植えつけようという話がもちあがり、明治39年(1906)、市民有志の寄付で集まったこれらの木を、南岸に680本、北岸に224本植えつけた。(中略)この桜や楓は、その老齢化し、さらに昭和20年(1945)の戦災で、ほとんど焼失した。現在のものは、終戦後福井市の復興事業として、新たに植えたものである。」

・『福井商工会議所百年史』福井商工会議所、1982
p400「植樹美化運動に乗り出す:福井観光協会と当会議所が共催で、市当局の援助の下に、福井市の随所に桜の名所をつくり、美化と緑化を兼ねた植樹運動に乗り出したのは、昭和27年の後半のことであり、市民や会員から非常な共鳴をうけ、2842名の人達から55万7525円の浄財を得たので、主催者側では翌28年春を迎えると共に、左記の方面を選んで植樹を始め、まず第一期分として、大500本、中300本、小1000本の染井吉野桜の植樹を終り、翌29年さらに同桜1000本の植えつけを完了した。 足羽川南側堤防・同北川遊歩道路・同右岸・(以下略)」
⇒以上から、300+500+1000=1800本(第一期分)

・『ふう2015年4月号』
p18「あの「桜のトンネル」を育てた人、守る人。」「ふくい桜守の会」事務局長 橋本浩/[談]
「では、今ある桜の古木はいつ植えられたものなのか。1952年の福井復興博覧会に合わせてその前年、旧福井市観光協会(現福井観光コンベンシュンビューロ)と福井商工会議所が市民らから広く寄付を募り、足羽山などを含め約1300本を植樹したソメイヨシノがそれだ。」年は昭和26年

・「120年続く茶屋から見た足羽山の桜と花見の歴史」『いきいきセミナー』2015.4
 「福井商工会議所らの協力もあって約3000本の桜が植えられた」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
花卉園芸[草花]  (627 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
足羽山
足羽川
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000209468解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!