このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000209453
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20170208
事例作成日
(Creation date)
2015年12月10日登録日時
(Registration date)
2017年02月08日 13時09分更新日時
(Last update)
2017年02月08日 13時55分
質問
(Question)
一般にニホンオオカミは明治38年(1905)に絶滅したとされるが、明治43年(1910)に福井市の松平試農場で補殺されたニホンオオカミとみられる動物がいるらしい。そのことに関する文献を知りたい。
回答
(Answer)
○郷土資料・一般資料
・直良信夫『日本産狼の研究』校倉書房、1965.
  p189-199「福井県下のオオカミ」
・友永冨「松平試農場誌」(『福井の農業』216-220号、1967-68)
  (二)のp51に経緯と松平文庫蔵のオオカミの写真を掲載。
・「ナゾに包まれるニホンオオカミ」(『科学朝日』1969.7p104-108)
  松平試農場で補殺されたニホンオオカミについて言及。
・『福井の百年』福井新聞社、1962.4
  ページ付なし。福井市立郷土歴史博物館蔵のオオカミの写真を掲載、簡単な紹介文あり。
・平岩米吉『狼 その生態と歴史』池田書店、1981.7
  p260~264「脱走して射殺された狼」(『動物文学』掲載記事の再掲)。剥製化への経緯、矢野動物園との関わりに言及。
・三田村保正『福井風物「明治大正」』私家版、1983.9
  p98-99「狼さわぎ」に、試農場で撲殺された狼を実見した著者の回想、挿絵が掲載。
・阿久根巌『サーカス誕生』ありな書房、1988
  第四章「矢野巡回動物園」の一節「最後の日本狼」に矢野動物園の絵はがき、昭和37年の福井新聞ほかを引用。詳細に論じる。
・平岩由伎子「矢野巡回動物園の狼」(『動物文学』244集、1988)
  福井の狼と矢野動物園のことを論じる。阿久根文献にも言及。
・『松平試農場史』越前松平家、1993.11
  p148~149「日本最後のオオカミ退治」経緯を松平文庫の写真を用いて記載。
・吉行瑞子・今泉吉典「福井城内で射殺されたニホンオオカミ」(『ANIMATE』第4号、2003.9)
  補殺されたオオカミはチョウセンオオカミではなく、ニホンオオカミだったという論旨。
・『福井市立郷土歴史博物館友の会DAYORI』Vol.2、2004
  表紙に写真と剥製写真。
・『歴史史料の宝庫 松平文庫への誘い』福井県立図書館、2007.7
  p15「松平試農場関係史料」の図版にオオカミの写真。
・『オオカミと人 展示図録』若狭三方縄文博物館、2012.9
  p22~24に「ニホンオオカミはいつ絶滅したか なぞの写真をめぐって」が載り、二種のオオカミの写真や経緯が掲載。
・『ニホンカワウソはつくづく運が悪かった?!』偕成社、2015
  口絵に松平文庫蔵の写真、剥製の写真をカラーで掲載。p64に簡単な経緯を載せる。
・『福井城址で捕殺されたのは最後のニホンオオカミだったのか(松平文庫テーマ展No.8)』福井県立図書館、2016.4
  明治43年8月3日のオオカミ捕殺、脱走オオカミとの関係、剥製標本、その後の論争について紹介。

○新聞記事(古いものから順に)
・『芸備日日新聞』1910.8.7朝刊4面「矢野動物園の狼(児童を殺傷す)」
  鯖江附近で二歳女児を噛み殺した狼が松平試農場で撲殺。
・『福井新聞』1961.12.5夕刊3面「貴重な写真集を寄贈」
  射殺されたオオカミを撮影した写真師が福井市歴史館(現、福井市立郷土歴史博物館)に写真を寄贈。
・『福井新聞』1962.1.1朝刊7面「日本最後のオオカミ」
  歴史館に寄贈されたオオカミの写真を鑑定した国立科学博物館・今泉吉典氏の見解。
・『福井新聞』1962.1.17朝刊「日本最後のオオカミ射殺後はく製に」
  歴史館に寄贈されたオオカミの写真を鑑定した国立科学博物館・今泉吉典氏の見解。
・『福井新聞』1962.1.23朝刊3面「朝鮮オオカミと断定」
  日本哺乳動物会で今泉氏の報告が検討され、ニホンオオカミではなくチョウセンオオカミと断定。当時を知る人びとの回顧談。
・『福井新聞』1999.11.24 18面「絶滅したニホンオオカミ」
  今泉吉典氏へのインタビュー記事。
・『読売新聞』2004.2.29「最後のニホンオオカミ福井に?」
  吉行瑞子・今泉吉典の論稿が『ANIMATE』に発表されたことを伝える。写真あり。
・『朝日新聞』2007.1.7 福井版 29面「最後のニホンオオカミ」
  松平文庫のオオカミの写真、剥製の写真、松平試農場の日誌についても言及。吉行瑞子氏へのインタビュー。

○松平文庫(福井県立図書館保管)
・狼の写真(書籍に掲載されたもの)
・経緯を記した「雑日記」
回答プロセス
(Answering process)
従来のレファレンス対応記録に加え、福井県立図書館松平文庫テーマ展No.8「福井城址で捕殺されたのは最後のニホンオカミだったか」(平成28年開催の準備段階で判明した結果を反映。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
哺乳類  (489 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ニホンオオカミ
松平試農場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000209453解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!