このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000216749
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域497
事例作成日
(Creation date)
2017年05月28日登録日時
(Registration date)
2017年06月01日 10時25分更新日時
(Last update)
2017年06月01日 10時25分
質問
(Question)
磐城高校や磐城桜が丘高校(旧磐城女子高校)の校歌に出てくる「磐陽」の意味や語源について知りたい。
回答
(Answer)
【資料①】『創立百年』(福島県立磐城高等学校同窓会 1996)、【資料②】『桜丘の百年』(福島県立磐城桜が丘高等学校創立百周年記念事業実行委員会)、【資料③】『磐陽の学び舎に 磐城高校百年』(福島民報社 1996)などの学校史を確認すると、歌詞や校歌の歴史(磐城高校は明治44年、磐城女子高校は昭和7年頃)などについては書かれていましたが、「磐陽」の意味についての記述はありませんでした。

学校史以外で調査したところ、この「磐陽」という言葉は、いわきにおいて古くから様々なところで使われていたことが、以下の資料でわかりました。

【資料④】『いわき市史 第2巻』
 P34に『磐陽実録抄』という史料が掲載
【資料⑤】『いわき市史 第4巻』
 P39に「磐陽館製糸場」(昭和4年にあった製糸工場)
【資料⑥】「福島工業高等専門学校ホームページ」
  http://www.fukushima-nct.ac.jp/annai/shisetsu/banyouryo.html  [最終アクセス2017.5.28]
 福島高専の学生寄宿舎の名称は「磐陽寮」
【資料⑦】『いわき市史 第6巻』
 P410掲載の昭和3年に結成した体育研究団体の名称が「磐陽チーム」

この「磐陽チーム」の歴史について書かれた【資料⑧】『健と魂』(田子泰作 1984)P9に「磐陽」の意味について、次のように書かれていました。
「太陽が東の海から勢よく昇って、石城の全天地を照らし(中略)という意味合いで、「磐陽」と命名し…」

「磐陽」の意味について、資料で確認できたものは以上です。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
上記回答のとおり。
なお、地域資料のNDC「818(方言)」や、以下の資料も確認したが記述はなかった。
 『日本国語大辞典 第11巻』(R/813.1/ニ-11)
 『大漢和辞典 第8巻』(R/813.2/モ-8)
 『市内学校校歌集Ⅱ』(K/767/イ)
 『市内学校校歌碑その他の文学碑調査綴』(K/767/イ)
 『ここ磐陽の学び舎に』(K/376/ヒ)
 『磐中物語Ⅰ』(K/372/ア)
 『校友会誌』 など
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
幼児.初等.中等教育  (376 9版)
声楽  (767 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『創立百年』[K/376/イ・1110062716]
【資料②】『桜丘の百年』[K/376/フ・1114611260]
【資料③】『磐陽の学び舎に』[AL/376/バ・1110372909]
【資料④】『いわき市史 第2巻』[K/210.1-1/イ・1110038583]
【資料⑤】『いわき市史 第4巻』[K/210.1-1/イ・1110038534]
【資料⑥】Web「福島工業高等専門学校ホームページ」
【資料⑦】『いわき市史 第6巻』[K/210.1-1/イ・1110038559]
【資料⑧】『健と魂』[K/780/タ・1110089669]
キーワード
(Keywords)
磐陽 ばんよう
校歌
歌詞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000216749解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!