このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2002-101
事例作成日
(Creation date)
2002/11/13登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年09月11日 08時29分
質問
(Question)
世界各国の米について、以下のことを大至急知りたい。①消費量 ②生産量 ③品種 ④外国語で「米」を何と言うか。
回答
(Answer)
①《国際食糧農業協会》のサイト( http://www.fao-kyokai.or.jp/  2006/7/13最終確認)に世界の〈利用量〉あり。ただし、国別の数字はなし。 
②『世界の統計 2002』『世界食料農業白書 1998』『国際連合世界統計年鑑 1998』『日本国勢図会2001/2002』を提供する。 
③『イネの絵本』に数種類あり。
《Google》で〈世界 & 米 & 品種〉を検索すると、米穀会社のサイトにいくつか紹介あり。 
④『世界のことば100語辞典 ヨーロッパ編』『同 アジア編』に〈米〉〈稲〉あり。『地球の歩き方 9 旅の6か国語会話集』に5か国の単語、『同 旅の会話集』に3か国の単語あり。 
また、参考までに『データブック世界の米』『コメを考える』も提供する。
回答プロセス
(Answering process)
その他の調査資料
①『統計でみる日本 2002』に日本を含む6か国の穀類消費量はあるが、当館所蔵の統計資料に米の〈消費量〉見あたらず。
③『新・食品事典 1 穀物・豆』には大まかな分類のみ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業経済・行政・経営  (611 9版)
統計  (350 9版)
食用作物  (616 9版)
参考資料
(Reference materials)
『イネの絵本』(山本隆一 農山漁村文化協会 1998)
『世界のことば100語辞典 ヨーロッパ編』(千野栄一/石井米雄 三省堂 1999)
『データブック世界の米』(小田紘一郎 農山漁村文化協会  1991)
キーワード
(Keywords)
米-品種
語彙
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
支部農水省筑波分館農林水産研究情報センターレファレンス係よりコメントをいただく(2007/09/07)。以下、統計資料、Web情報などの本文。

米について、
1.生産量
2.消費量
3.品種
については、Internarional Rice Research Institute(国際稲研究所)のWebサイト
http://www.irri.org/science/ricestat/index.asp (2007/09/07確認)に掲載されています。
IRRIで提供している主な統計は以下の通りです。
・国・地域別生産量
・輸出入量(量ベース、金額ベース)
・食糧援助での米の供給量
・消費量とカロリー供給に占める割合
・国際市場価格
・各国の国内価格
・アジア主要各国での育成品種一覧(日本は含まれません)

4. 外国語で「米」を何と言うか。
農林水産、食糧安全保障、およびそれらの関連分野を網羅した多言語対応のシソーラス、AGROVOCで検索することができます。

http://www.fao.org/agrovoc/ (2007/09/07確認)から、「Search term:」に「米」と入力すると、日本語と中国語での関連語が表示されますので、ここから「米」をクリックすると、以下のように英語、フランス語、スペイン語、中国語、アラビア語、チェコ語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語、スロバキア語、タイ語等各国語での標記が表示されます。

英 : Rice
仏 : Riz
スペイン : Arroz
など
http://www.fao.org/aims/ag_intro.htm?termid=6599&myLangTerms=JA
をご覧下さい。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000029891解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!