このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2009-042
事例作成日
(Creation date)
2009/08/22登録日時
(Registration date)
2009年11月11日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年12月02日 11時09分
質問
(Question)
現在残っている石田堤は忍城(オシジョウ:埼玉県行田市)から見ると、東南方向だけのようだ。水攻めにするには全体を囲ったと思うが、どの辺にあったのか。
回答
(Answer)
忍城の北側を利根川が西から東へ流れ、荒川が西側から南側へ流れている。忍城が水没するように、これらの川の上流から引水し、その東側~南側~西側を弧を描いて堤を築いてる。現存するのは忍城南側の一部であるが、清水雪翁の実地調査による「石田堤現存図」(大正2年)に、その当時の図が残っている。
典拠資料は回答プロセスを参照のこと。
回答プロセス
(Answering process)
所蔵する忍城関係の資料を調査した。
『行田史譚 行田市史別巻 再販』(行田市譚刊行会 1976)
p69-p79に「忍城水攻め」の項あり。その中の「築堤工事」に詳細な地名あり。
p70「石田堤現存図」(大正2年 清水雪翁絵図)あり。

『埼玉大百科事典 1』(埼玉新聞社 1974)
p109「〈石田堤〉丸墓山を起点として北に作られた堤は長野・小見・白川戸の諸村から利根川の右岸まで続き、起点より南は埼玉・樋上・堤根の三村を通り袋村の北方で西北に折れ、鎌塚・門井・棚田・太井・戸出・平戸の諸村から熊谷付近の荒川左岸で終わっており、その長さは約14キロ、高さ1.8~3.6メートル、幅は基底が10.9メートルであった。」

『忍城ものがたり』(行田市郷土文化会 1971)
p5「〈石田三成の水攻め〉丸墓山を中心に、南は堤根から下忍、鎌塚、棚田、久下の東竹院まで、北は長野(東小学校)の前から長久寺西側、そして白川戸西明寺まで七里(三十キロ)に及ぶ堤を作り」とあり。

『行田市史 上』(行田市 1963)
p583-596「第三節 忍城の水攻め (一)成田氏長」に、堤防に関する記述がいくつかあり。
p586に「その堤は丸墓山を起点とし、南するものは埼玉・樋上・堤根の三村を過ぎ、袋村の北方にて西北に折れ、(中略)利根川の右岸に至った。」と、堤防が築かれた場所について順を追って記述あり。また、「忍城を中心として、遠きは一里、近きも数町に、不整なる弧形を画いた。その長さは約三里半、高さは一間乃至二間、幅は基脚において六間であった。」とあり。
p588-590に、『忍城戦記』の忍城水攻めに関する転載あり。p589に「熊ヶ谷堤の際より築初め吹上・鶴岡(後略)」で始まる堤防の建築過程に関する記述あり。
p591-593に、堤防のうち現存するものについて、『行田史譚』からの転載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
河海工学.河川工学  (517 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『行田史譚 行田市史別巻 再販』(行田市譚刊行会 1976)
『埼玉大百科事典 1』(埼玉新聞社 1974)
『忍城ものがたり』(行田市郷土文化会 1971)
『行田市史 上』(行田市 1963)
キーワード
(Keywords)
石田堤
忍城
埼玉県-行田市-歴史
利根川
荒川
城郭-日本
堤防-河川 
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000059402解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!