このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043373
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-095
事例作成日
(Creation date)
2007/11/16登録日時
(Registration date)
2008年04月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年04月08日 13時13分
質問
(Question)
昭和20年に、「東久邇宮家内閣(ヒガシクニノミヤナイカク)」が数日間でつぶれた理由が簡潔に書かれた資料を探している。治安維持法が原因ではないか。
回答
(Answer)
『日本大百科全書 19』より「東久邇宮家内閣(東久邇稔彦内閣)」(1945.8.17~10.9)は、太平洋戦争終結後昭和20年に国内秩序の維持のために発足した日本憲政史上最初の皇族内閣。占領軍の進駐、降伏文書の調印等は順調に進んだが、国民に一億総懺悔を説くなど、旧態依然たるもので、GHQ(連合国最高司令部)による治安維持法等弾圧法規の撤廃など一連の本格的な民主化指令に対応できず、総辞職に至った。
上記の記述の他、次の資料を紹介する。
①『東久邇政権五十日 終戦内閣』(長谷川峻 行研 1987)p216-217に記述あり。
②『東久迩日記 日本激動期の秘録』(東久迩稔彦 徳間書店 1968)p242-247に記述あり。
③『昭和ニュース事典 8』p698に関係記述あり。
④『国史大辞典 11』p842、『日本史大事典 5』p957に記述あり。
⑤『内閣制度百年史 上』(内閣官房)p373-375「東久邇内閣」の項
⑥『日本内閣史録 5』(第一法規出版)「東久邇宮内閣 天川晃著」所収。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈東久邇〉で探索しいくつか資料がヒットする。さらに『国史大辞典 11』『日本史大事典 5』に関係記述があり、掲載されていた参考文献を探索する。簡潔な記述ということで『日本大百科全書 19』の記述等を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
政治史.事情  (312 9版)
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本大百科全書 19』(小学館)
『東久邇政権五十日 終戦内閣』(長谷川峻 行研 1987)
『昭和ニュース事典 8』(毎日コミュニケーションズ)
『内閣制度百年史 上』(内閣官房)
『日本内閣史録 5』(林茂 第一法規出版 1981)
『国史大辞典 11』
『日本史大事典 5』(平凡社)
キーワード
(Keywords)
内閣-行政
東久邇 稔彦(ヒガシクニ ナルヒコ)
内閣総理大臣
政治史-日本 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000043373解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!