このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039887
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-048
事例作成日
(Creation date)
2007/07/16登録日時
(Registration date)
2007年12月01日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年12月27日 15時29分
質問
(Question)
江戸時代の「関八州取締役」とはどういう身分の人か。
回答
(Answer)
『関東取締出役』(関東取締出役研究会 岩田書院)p119に、「「関八州取締役(通称八州廻り)」とは、関東取締出役のこと、身分は〈手附〉〈手代〉である。文化2年(1805)6月、4名の代官の手附・手代から2名ずつ合計8名を任命するとしたのが始まり。」とある。
『角川日本史辞典 新版』(角川書店)に〈手附〉は「江戸時代の郡代・代官の属吏。(中略)身分は幕臣であるが、職務内容は手代と同じ。」、〈手代〉は「江戸時代の地方役人。郡代・代官・奉行のもとで地方支配にあたり、身分は幕臣に準じる。」とあり。
詳細については、上記資料とあわせて以下を紹介する。
『旧事諮問録』(東京帝国大学史談会 青蛙房)p249-290「八州取締・代官手代の話」では、実際に八州取締を務めた手代に明治24年に諮問した記録で、八州取締の職務が詳細かつ具体的に書かれている。
『江戸役人役職大事典』(新人物往来社)p114-117「関東取締出」の項
『八州廻りと代官』(今川徳三著 雄山閣)p177-187「関東取締出」の項
回答プロセス
(Answering process)
『国史大辞典 3』p897「関東取締出役」の項に、〈通称、八州廻り〉江戸幕府の職名で治安維持強化を目的に創設、関東代官の手付・手代の中から選任され勘定奉行直属下に編成、その警察権を行使したと記述がある。通称、八州廻り、身分は〈手附〉〈手代〉ということになり、『国史大辞典』等の歴史辞典や『広辞苑』等の国語辞典にも説明がある。
詳細については、自館目録や江戸役職関係の資料を探索して、回答の資料を紹介する。なお著者の佐藤雅美は、「旧事諮問録」を読んで小説「八州廻り桑山十兵衛」の想を得たと文庫版解説にあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
行政  (317 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『旧事諮問録』(青蛙房)
『関東取締出役』(岩田書院)
『江戸役人役職大事典』(新人物往来社)
『八州廻りと代官』(雄山閣)
『角川日本史辞典 新版』(角川書店)
キーワード
(Keywords)
江戸時代-官職(行政)
幕藩体制
関東取締出役 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
原作「八州廻り桑山十兵衛」(佐藤雅美)による同タイトルのテレビ番組関連の質問。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000039887解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!