このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243398
提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
NIER2018016
事例作成日
(Creation date)
2018年10月05日登録日時
(Registration date)
2018年10月05日 16時51分更新日時
(Last update)
2018年11月02日 15時37分
質問
(Question)
昭和24年に始まった新制国立大学の入試について、I期校とII期校とで入試日程が分かれているが、その分け方を知りたい。
回答
(Answer)
「分け方」については、分からなかった。

I期校とII期校については、「大学入学者選抜実施要項」の別表で定められている。

「大学入学者選抜実施要項」については、以下のレファレンスを参照
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111758
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000097327
回答プロセス
(Answering process)
(1)当館所蔵「戦後教育資料」を調査
 「昭和27年度国立大学入学者選抜実施要項(案)」
 →I期とII期に分けて実施することと、それぞれの大学名あり

(2)レファレンス協同データベースを検索
 回答のレファレンス事例がヒット

(3)教育研究論文索引、CiNii Articlesを調査
 「新制大学」「入試」で検索
 →いくつかヒットするが、I期校・II期校についての論文はなし

(4)Google検索
 『金沢大学五十年史通史編』がヒット
   http://hdl.handle.net/2297/3178

 第11章「入学者選抜試験の変遷」にI期校とII期校の区分について書かれている
 ※昭和24.3.24(発学177号)「大学入学者選抜実施要項」別表が掲載(I期校とII期校の校名が分かる)

上記調査でも、どのようにI期校とII期校とを分けたのかは分からなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大学.高等.専門教育.学術行政  (377)
教育史.事情  (372)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
1期校・2期校
一期校・二期校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000243398解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!