このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192151
提供館
(Library)
釧路市中央図書館 (2310212)管理番号
(Control number)
M0236
事例作成日
(Creation date)
2014年09月28日登録日時
(Registration date)
2016年05月12日 18時12分更新日時
(Last update)
2017年05月14日 18時06分
質問
(Question)
①大正6年にできた二俣墓地はどこにあるのか。紫雲台墓地の前身なのか。
②紫雲台墓地はいつごろ設置されたのか。
③紫雲台墓地から昇雲台墓地へ火葬場が移設されたのはいつごろか。
④紫雲台墓地の休憩所はいつごろできたのか。
回答
(Answer)
①地図、市史等を探したが二俣墓地が見つからず、地名辞典にあたるもこれにも記載がなかった。
インターネットで調べると音別町地区にあるらしいことがわかり、音別町史を確認したところ、二俣墓地の記述があった。
このため、紫雲台墓地の前身ではないと考えられる。

②『地域史辞典 草稿(1)』に記載があり、この記述から『新釧路市史 第3巻』p.765に明治20年の記載があることがわかった。

③『新修釧路市史 第1巻』p.238-239に「昭和44年12月10日より昇雲台火葬場の供養開始」との記載があった。紫雲台火葬場が昭和7年建設との記述もあり、釧路新聞を調べたところ、昭和7-8年頃に墓地改革に関する記事が複数あった。紫雲台墓地は明治20年の開設以来、複数の改築を重ねた末に昇雲台火葬場へ移行したと思われる。

④釧路新聞を調べたところ、大正6年11月25日付の釧路新聞に『墓地待合竣成』との記事があり、こちらが恐らく休憩所のことと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『音別町史』音別町史編さん委員会/編, 1985. K 292/O (資料コード:213479170)
『地域史辞典 草稿(1)』釧路短期大学, K 291/K (資料コード:215433065)
『新釧路市史 第3巻』釧路市, 1972. K 291/K/3 (資料コード:213473501)
『釧路市統合年表 釧路市・阿寒町・音別町合併1周年記念』釧路市地域史研究会・釧路市地域資料室/著, 2006. K 291/K (資料コード:215950932)
『新修釧路市史 第1巻』釧路市史編さん員会議/編集, 1993. K 291/K (資料コード:213169440)
キーワード
(Keywords)
紫雲台墓地
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000192151解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!