このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000249478
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1002812
事例作成日
(Creation date)
20170203登録日時
(Registration date)
2018年12月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年01月06日 09時50分
質問
(Question)
沖縄県庁表札「沖縄県庁」(謝花雲石書)の原本の書の所蔵があるか知りたい。
(依頼者からの情報: 総務私学課の資料によると「沖縄県史料編集所(沖縄県立図書館内にあった)に寄贈された。」とある。)
回答
(Answer)
【回答】 当館に所蔵はない。

 ①の県立博物館の収蔵品目録では「沖縄県庁表札」の作者名はないが、②の資料から謝花雲石揮毫の「沖縄県庁表札」と推測され、1972年度に「沖縄県庁表札の建立にあたり」、「表札」と「琉球政府ビル銅版」が連番で移管(購入や寄贈等ではなく)されている受け入れ状況等から、県立博物館・美術館が所蔵していると思われるとして同館を紹介した。
 

『収蔵品目録 Ⅱ (1959年度~1973年度)』(沖縄県立博物館編・刊、1977 )
p6 「書跡(B) 1972年度 受け入れ作品」

 番 号    263   品 名   沖縄県庁表札の建立にあたり
 数 量    1 規 格   99.5cm×153.5cm  
受理次第  移管 備 考    軸

 番 号    264 品 名   沖縄県庁表札(小)
 数 量    1 規 格    54.2cm×160.2cm
 受 理次第 移管 備 考    扁額

 番 号    265  品 名   沖縄県庁表札(大)
 数 量    1 規 格    111.6cm×293.7cm
 受理次第 移管 備 考    扁額

 番 号    266 品 名    琉球政府行政府ビル表示銅版
 数 量    1 規 格    61.0cm×61.0cm
 受理次第  備 考    銅版


『[沖縄県庁表札制作記念誌]沖縄県庁表札』 (琉球政府総務局文書課編・刊、1972.5)
p1 「沖縄県庁表札の建立にあたり」(写真)謝花雲石揮毫の県知事ことばとして(正表札裏面に彫刻)として紹介がある。
p8 揮毫の謝花氏として紹介があり、その写真中に「沖縄県庁表札の建立にあたり・・・」とある。
p9 献呈銅版として、「琉球政府行政府ビル表示が県知事から沖縄史料編集所長を通じ県立博物館に保存委嘱」とある。
p21 「沖縄県庁表札序幕式次第」に、「表札揮ごう原本の保存委嘱 (受託者) 沖縄史料編集所長大城立裕」とある。
回答プロセス
(Answering process)
県文化財課史料編集班の協力を得て回答した。

2017/2/3
キーワード→ 「沖縄;県庁;表札;謝花雲石」 でヒットせず。
沖縄県公文書館HP > 当館について > 沿革( http://www.archives.pref.okinawa.jp/about/history )からも公文書館が所蔵しているのでは?と推測。   

2017/2/9  県文化財課史料編集班に問い合わせをした。
2017/2/23 県文化財課史料編集班から「所蔵なし」の回答を得た。
2017/2/23 総務私学課に県立図書館、資料編集班には「所蔵なし」と【回答】をした。
2017/4/12  県文化財課史料編集班より電話があった。「1993年に県立博物館が「謝花雲石展」を開催している。その展示目録に「沖縄県庁の表札」が掲載され、所蔵は県立博物館をなっているので、当時の史料編集所ではなく、県立博物館が所蔵していると思われる。」とのことでした。

 上記をふまえて、当館資料を検索した。しかし1993年発行の『謝花雲石展目録』は所蔵なく、1981年発行の展示目録で調査した。しかし、作品掲載はなかった。

 そこで、県立博物館の『収蔵品目録 Ⅱ (1959年度~1973年度)』(沖縄県立博物館編・刊 1977)を調査し、解答要旨①に記載の「書跡(B) 1972年度 受け入れ作品」(p6)の内容を確認した。
 

2017/4/12に2度目の【回答】
 この資料では、「沖縄県庁表札」の作者名はないが、「沖縄県庁表札」あるので、受け入れ状況等から県立博物館・美術館が所蔵していると思われる。」としてそこを紹介した。

 再度『[沖縄県庁表札制作記念誌]沖縄県庁表札』(琉球政府総務局文書課編・刊 1972)を調べ、回答要旨②の内容を確認したこたから、県立博物館・美術館が所蔵していると推測するに至った。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2)
参考資料
(Reference materials)
収蔵品目録 2(1959年度?1973年度) 沖縄県立博物館/編 沖縄県立博物館 1977 (p6)
[沖縄県庁表札制作記念誌]沖縄県庁表札 琉球政府総務局文書課/編 琉球政府総務局文書課 1972.5 (p1、8-9、21)
謝花雲石展目録 沖縄県立博物館/編 沖縄県立博物館 1981.9 (該当記述無)
キーワード
(Keywords)
沖縄県庁
沖縄
県庁
表札
謝花雲石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
文化財課史料編集班
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000249478解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!