このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000249476
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1003069
事例作成日
(Creation date)
20170116登録日時
(Registration date)
2018年12月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月28日 00時30分
質問
(Question)
内間御殿の戦争での被害状況について知りたい。
回答
(Answer)
【回答資料】

『内間御殿』 (西原町教育委員会∥[編]・刊、2012.10)


『内間御殿の成立と展開』 (西原町教育委員会∥[編]・刊、2010.9)


『内間御殿』 (西原村教育委員会∥編・刊、1978.3)


『ガイドブック 内間御殿』 (西原町教育委員会∥編・刊、2015.2)


『西原町国指定史跡 内間御殿 整備基本計画』 (西原町教育委員会∥編・刊、2014.3)


『西原町国指定史跡 内間御殿 保存管理計画書』 (西原町教育委員会∥編・刊、2014.2)


『山崎博士の演説と文章』 (山崎博士古稀祝賀会∥著・刊、1941.6)


『歴史さんぽ』 (新城 俊昭[ほか]∥著、西銘 章∥著、琉球新報社、2015.4)



インターネットの情報(2018.12.26現在)
西原町>文化財>内間御殿
http://www.town.nishihara.okinawa.jp/asset/27uchimagoden.html
→ 「沖縄戦で両御殿は焼失したが、石垣遺構や先王旧住宅碑の台座などは残っている。戦後の1951年、大屋門中やハワイ在住の一門らによって東江御殿跡にトタン葺の神屋が再建された。1974年、大屋の当主中山正雄氏によって、そこはブロック造りの現在の神屋(2間×2間半)に改修された。戦後、西江御殿も伊礼門中によって木造トタン葺の神屋が再建された。」の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2)
参考資料
(Reference materials)
内間御殿 西原町教育委員会/[編] 西原町教育委員会 2012.10
内間御殿の成立と展開 西原町教育委員会/[編] 西原町文化財調査報告書 西原町教育委員会 2010.9
内間御殿 西原村教育委員会/編 西原村文化財調査報告書 西原村教育委員会 1978.3
ガイドブック 内間御殿 西原町教育委員会/編 [西原町教育委員会] 2015.2
西原町国指定史跡 内間御殿 整備基本計画 西原町教育委員会/編 [西原町教育委員会] 2014.3
西原町国指定史跡 内間御殿 保存管理計画書 西原町教育委員会/編 西原町教育委員会 2014.2
山崎博士の演説と文章 山崎博士古稀祝賀会/著 山崎博士古稀祝賀会 1941.6
歴史さんぽ 新城 俊昭[ほか]/著 琉球新報社 2015.4, ISBN 4-89742-180-3
キーワード
(Keywords)
内間御殿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000249476解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!