このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000200522
事例作成日
(Creation date)
20151214登録日時
(Registration date)
2019年10月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月29日 10時21分
質問
(Question)
草場佩仙と幕末から明治にかけて活躍した南画課家名草逸草峯が九州で生活していた頃交流があったとわかる資料はありませんか。
回答
(Answer)
御質問のありました「草場佩川と名草逸峯との交流」については、当館の調査した資料(古文書等、古地図・絵図等歴史資料を除く)では、確認できませんでした。  
なお、下記の資料に次のような記載がありましたので参考までにご紹介します。    
(1)「草場佩川日記 上巻」 西日本文化協会 1978 
解説Pⅱ   ~佩川の人柄は円満・誠実・勤勉・努力に尽きる。(中略)従って親しい友は日本全土に及び、親戚西家一族を筆頭に(中略)頼春水・同山陽・同三樹三郎、広瀬淡窓(中略)驚くべき多数の人名が見られる。~    
↑名草逸峯と交流のあった頼三樹三郎の名前がでてきます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『賀茂郡志』(広島県、大正5年発行~逸峯の子供が関わって書かれたようで詳しい。九州との関連もここに書いている)。『高知県人名事典』(高知新聞社~高知時代の逸峯について詳しい)『呉日日新聞』の昭和3年9月の記事~3回ほど「勤王の絵師名草逸峯」という連載記事が載っている。『賀茂郡志』を元にしているが、具体的な内容がある。その他ネットで「名草逸峯」でヒットする内容。
NDC
九州地方  (219)
参考資料
(Reference materials)
(1)三好嘉子 校注・解題 , 草場, 珮川, 1787-1867 , 三好, 嘉子, 1915-. 草場珮川日記 上巻. 西日本文化協会, 1978.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001389090-00
キーワード
(Keywords)
草場佩川
名草逸峯
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000263056解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!