このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033339
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-185
事例作成日
(Creation date)
2006/05/18登録日時
(Registration date)
2007年02月11日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年09月05日 16時26分
質問
(Question)
華道草月流創始者勅使河原蒼風(そうふう)と勅使河原和風(わふう)(二代目、三代目)との関係が分かる資料を探している。
回答
(Answer)
勅使河原蒼風は二代目和風の兄、三代目和風は二代目和風の息子。
蒼風(と二代目和風)の父の名も和風(初代)。
『現代人名情報事典』勅使河原和風に関する記述の中に「1911.7.18東京生まれ。本名順三。父勅使河原久次(遠州流華道家)、兄勅使河原蒼風。」とあり。
勅使河原和風会ホームページ( http://www.sakurashinmachi.net/shouten/wahukai.htm 桜新町商店街 2006/05/16最終確認)に「勅使河原和風は1949年、鎌倉に生まれる。明治後期に、「日本生花学会」を主催し、日本華道の新たな教授法を確立した祖父(初代和風)、昭和期に国内外で家庭いけばなの風流愛花を披露し、独自のいけばな芸術を推進した父(二代目和風)のあとを継ぎ、1992年、三代目和風を襲名。・・・」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
『現代日本朝日人物事典』p1072に「そうふう」の項あり。「・・・和風久次の長男」とあり。
インターネット「SOGETSU歴代の家元と歴史」( http://www.sogetsu.or.jp/ie_history/index.html  2006/05/16最終確認)に「勅使河原蒼風は華道家・勅使河原久次の長男として1900年に生まれる。」とあり。
ここで質問者に蒼風の父が和風であることを伝えたところ、父の初代和風ではなく、二代目・三代目の和風との関係が知りたいとのことであった。
『号・別名辞典 近代・現代』<和風>の項「勅使河原和風 1911-1991 勅使河原和風会会頭 本名勅使河原順三」とあり。
《聞蔵Ⅱビジュアル》人物データベースを<勅使河原和風>で検索するが該当なし。
自館目録より勅使河原和風の著作を調査『いけ花独習書』p223「後記」に「私の父先代勅使河原和風」とあり。
『現代日本人名録 中』<勅使河原和風>(1911-)の項に「先代和風の後継者として・・・」とあり。
『日本紳士録 65』<勅使河原和風>(1911-)の項に「先代和風の二男・・」とあり。
《港区ゆかりの人物データベース》の参考文献より『創造の森』を調査したところ蒼風18才の頃の家族写真はあるが、蒼風以外の人物が誰なのかは記述なし。
『日本人物情報大系 84』から蒼風と二代目和風の関係について『現代人名情報辞典』に記述あり。
三代目和風については、勅使河原和風会ホームページに記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
花道[華道]  (793 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『現代人名情報事典』
キーワード
(Keywords)
勅使河原 蒼風(テシガワラ ソウフウ)
勅使河原 和風(テシガワラ ワフウ)
草月流
華道-いけ花
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000033339解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!