このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000017379
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2002-005
事例作成日
(Creation date)
2002/04/21登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時37分更新日時
(Last update)
2009年03月23日 16時22分
質問
(Question)
利根川に中瀬という河岸があったが、江戸時代に船はどのようにして、川をさかのぼっていったのか。
回答
(Answer)
『中瀬河岸場』p22に、「上りは流れに逆らうので帆を立てたが、その外沿岸に曳く人足がいて、舟を曳いた」との記述あり。『利根川の水運』p65に、「航行は、下りが竿を頼りに操船した。上りは一定の風さえ吹けば、帆を張って遡航することができた。風のない時は、男女の別なく竿を操った。」とある。『深谷市史 追補編』p190-191にも、記述あり。これらを提供する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内陸水運.運河交通  (684 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中瀬河岸場』(石原政雄 1975)
『利根川の水運』(埼玉県立さきたま資料館 埼玉県教育委員会 1989)
『深谷市史 追補編』(深谷市 1980)
キーワード
(Keywords)
水上交通-江戸時代-歴史
利根川-埼玉県
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000017379解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!