このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000200370
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2016-022
事例作成日
(Creation date)
2015/09/08登録日時
(Registration date)
2016年11月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月25日 16時30分
質問
(Question)
庭に咲いているコーフル又はコーフリーという多年草のことを知りたい。丈は50㎝程度、葉はふわふわの毛が生えており、花はうす紫色。葉をゆでて食べているが、アクがある。正確な名称、原産地、効用、食べてよいのかを知りたい。
回答
(Answer)
お尋ねの植物は、その特徴からコンフリー(ヒレハリソウ)と思われます。特徴、原産地等は以下の資料でご確認ください。
 〇『APG牧野植物図鑑 2』[牧野富太郎/著] 北隆館 2015年
 〇『原色園芸植物大図鑑』北隆館 1984年
 
コンフリーの効用及び食用、毒性については以下の資料に記述があります。
 〇『世界薬用植物百科事典』アンドリュー・シェヴァリエ/原著 誠文堂新光社 2000年
 〇『原色牧野和漢薬草大圖鑑』三橋博/旧版監修 北隆館 2002年
 〇『園芸植物大事典』 2 塚本洋太郎/総監修 小学館 1988年
 〇『日本の有毒植物』佐竹元吉/監修 学研教育出版 2012年
 
厚生労働省のホームページに食用としての販売、食品としての摂取を控えることとの情報があります。
 〇厚生労働省ホームページ「シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品の取扱いについて(その2)」平成16年6月14日 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課
回答プロセス
(Answering process)
1 花名を植物図鑑で検索
 〇『APG牧野植物図鑑 2』[牧野富太郎/著] 北隆館 2015年
  P268 「ヒレハリソウ(コンフリー)」中の記述「高さ60~90㎝、花は紫色、淡紅色、全体に白く短い粗毛がある。原産地はヨーロッパ。」との記述あり。
 〇『原色園芸植物大図鑑』北隆館 1984年
  P387 コンフリー(ヒレハリソウ)の項に「欧州、アジア原産の耐寒性多年草。(中略)栄養野菜、飼料として栽培される。」との記述あり。
 
2 所蔵資料の内容確認
 〇『世界薬用植物百科事典』アンドリュー・シェヴァリエ/原著 誠文堂新光社 2000年
  P136には ヒレハリソウ、コンフリーの葉の処方とその用法として、「汚れた傷の応急処置には使用しないこと。不潔で化膿することがある。内服するときには専門家の指示に従うこと。いくつかの国では規制されている」との記述あり。
 〇『原色牧野和漢薬草大圖鑑 』三橋博/旧版監修 北隆館 2002年
  P436  ヒレハリソウ(コンフリー)の「主な作用」として、保護、収斂、抗炎症、傷や骨の治癒、「使用部位」の項には、根は、アラントイン含有が最も高くなる秋に収穫される。地上部は抗炎症、収斂作用を持つ成分が、多く含まれている。」とあり、「薬用部分」の項目には「根と根茎、葉。薬効は民間では止瀉、貧血予防、新陳代謝促進に効果があるとされ、下痢止めや貧血予防に用いられる。」との記述あり。「使用法」の項目には「葉はお茶の代用品になる。生の根、葉の生汁はビタミン、ミネラル類を豊富に含み、貧血予防、新陳代謝機能促進に効果がある。葉や若芽を油で揚げたり天ぷら、つくだ煮などにして食用にしても同様の効果がある。」との記述あり。
 〇『園芸植物大事典』 2 塚本洋太郎/総監修 小学館 1988年
  P319-320 コンフリーの項に「根にも葉にも組織を収斂させる作用があり、多量の粘液、薬効成分のアラントイン、そして各種ビタミンを含むため、胃潰瘍、癌、貧血症などに卓効があるといわれた時期があったが、現在ではコンフリーを内用するのは危険であると考えられている。しかし、葉の浸出液や根の煮出し液は、うがい薬になるほか、外用的に腫物、にきび、あかぎれの洗浄液にする。もんだ葉や、根をすりおろしたドロドロしたものは、打ち身、捻挫、切り傷のときに患部に湿布すると、炎症を鎮め腫れがひく。野菜としての利用は、若いやわらかい葉を汁の実や天ぷらにするくらいである。」との記述あり。
   
3 記載がなかった資料
 ×『世界の食用植物文化図鑑 』バーバラ・サンティッチ/編、ジェフ・ブライアント/編、山本紀夫/監訳、柊風舎 2010年 
 ×『食べられる野生植物大事典』橋本郁三/著 柏書房 2003年
 ×『植物の特徴を見分ける本』大川ち津る/著 恒星社厚生閣 2013年
 
4 事後調査による情報及び資料(中野区立中央図書館からの情報提供) 
 〇厚生労働省ホームページ「シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品の取扱いについて(その2)」平成16年6月14日 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課
 (1)コンフリーを製造・販売・輸入等する営業者に対して
   コンフリー及びこれを含む食品の製造・販売・輸入等の自粛
   回収等、営業者による自主的な措置の実施
 (2)一般消費者に対して
   販売されたコンフリー及びこれを含む食品の摂取を控えること
   自生し、又は自家栽培したコンフリーについても、その摂取を控えること
 
 〇『日本の有毒植物』 佐竹元吉/監修 学研教育出版 2012年
  P180 コンフリーの毒性について「葉による人の肝静脈閉塞性疾患などの健康被害例が海外にある。含まれているピロリチジンアルカロイドによる肝障害である。加熱しても毒は消えない。2004年に食品としての販売が禁止された」との記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499 9版)
園芸  (620 9版)
参考資料
(Reference materials)
APG牧野植物図鑑 2 [牧野富太郎/著] 北隆館 2015.1 470.38 978-4-8326-0981-5
原色園芸植物大図鑑 北隆館 1984.5 620.38 4-8326-0003-6
原色牧野和漢薬草大圖鑑 三橋博/旧版監修 北隆館 2002.10 499.87 4-8326-0810-X
世界薬用植物百科事典 アンドリュー・シェヴァリエ/原著 誠文堂新光社 2000.10 499.87 4-416-40001-2
園芸植物大事典 2 塚本洋太郎/総監修 小学館 1988.10 620.33 4-09-305102-X
日本の有毒植物 佐竹元吉/監修 学研教育出版 2012.5 471.9 978-4-05-405269-7
厚生労働省シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品の取り扱いについて(その2) http://www.mhlw.go.jp/topics/2004/06/tp0618-2.html 2016/11/22
キーワード
(Keywords)
コンフリー
ヒレハリソウ
ニットボーン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000200370解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!