このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034324
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20070402-2
事例作成日
(Creation date)
2007年04月02日登録日時
(Registration date)
2007年04月02日 15時46分更新日時
(Last update)
2007年04月06日 17時25分
質問
(Question)
鉄道線路の枕木の間に、石が敷き詰められている理由を知りたい。
回答
(Answer)
『日本大百科全書』の「道床」の項には、理由として下記の記述があった。
1 枕木を緊密にむらなく保持する
2 枕木に伝わる列車荷重を路盤に広く均等に分散させる
3 突き固めその他の保線作業が容易である
4 軌道構造に多少の弾力性をもたせる
5 軌道の排水をよくし雑草を防ぐ
また、下記の参考文献があげられていた。
宮本俊光・渡辺偕年編『線路――軌道の設計・管理』(1980・山海堂) 
渡辺勇作著『土木施工法講座 16 鉄道保線施工法』(1978・山海堂) 
菅原操編『図解鉄道保線・防災用語事典』(1980・山海堂)
このうち、『土木施工法講座』 16 の所蔵があり、内容を確認した。
p.28-29
「道床 (Ballast)
道床の役目
道床は、列車荷重を路盤に均一に伝えること、軌道の衝撃振動を緩和すること、マクラギを固定し軌道狂いの発生を防ぐこと、排水を良好に保ちマクラギ、路盤の保護をはかること等の役目を果しているほか、軌道狂いの整正を容易にしている。」
回答プロセス
(Answering process)
百科事典的項目から調べようと、『日本大百科全書』を確認した。
「線路」で引くと「軌道(きどう)」を参照となっていた。
「軌道」を引くと、線路の構造を示すイラストがあり、石が敷き詰められている部分が「道床」と呼ばれることがわかった。
次に「道床(どうしょう)」を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道工学  (516 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本大百科全書』 16 小学館 , 1987 p.705 (道床)
『日本大百科全書』 6 小学館 , 1985 p.603-604 (軌道)
キーワード
(Keywords)
線路
軌道
道床
鉄道
保線
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000034324解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!